1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

metalStoneさん

ストレスで眠れない…

イライラして眠れない(´ω`;) 泣けてくる。鬱かな?

史上最強に不機嫌すぎて眠れない… 眠れないのに腹が立って余計に不機嫌になる悪循環 ストレスストレスストレス 日々ストレス 外に出る限りストレス

寝たいけどイライラと不安と寂しさとその他もろもろの感情が渦巻いてて眠れない…うああ(T_T)

相当ストレス溜まってるわヽ(゚Д゚)ノ イライラして寝れないヽ(゚Д゚)ノ カルシウム不足なのかもしれんな( -_-)

睡眠とストレスは深く関係している

ストレスと不眠症は、密接な関係にあります。
ストレスによって眠れなくなる不眠を、ストレス性睡眠障害といいます。

ストレスは交感神経を活発にはたらかせ、副交感神経のはたらきを阻害します。
この副交感神経がうまくはたらかないことによって、不眠症の原因となってしまうようです。

出典http://不眠症対策ガイド.com/

交感神経は心身を緊張状態にする役目を、副交感神経は心身をリラックスさせる役目をもっています。

精神的なストレスを受けると、脳が興奮し、ノルアドレナリン(ノルエピネフリン)やドーパミンが分泌されます。
そうなると大脳が熱を帯びてきて、とても脳を休める態勢にはなりません。

ストレスは睡眠サイクルを乱してしまう

人間の睡眠は90分周期でレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返していると言われています。
ストレスを抱えたままの状態で睡眠に入るとこのレム睡眠とノンレム睡眠の周期を壊してしまいます。

脳が十分に休んでいないレム睡眠の時間が多くなりますので、深い眠りに入ることができる時間帯が少なくなり、その結果、深い眠りを味わうことができないという不眠の状態になってしまいます。
これがストレスによる不眠のメカニズムです。

ストレスは様々な身体疾患を招きます。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍といった疾患は、何れも強い痛みを伴い、穏やかな睡眠を妨げます。

出典http://不眠症対策ガイド.com/stress/

また、抗潰瘍薬には不眠の原因となる成分が含まれていることもあるようで、痛みを和らげたにも関わらず眠りから遠ざかってしまうこともあるようです。

寝れない状態が続くと余計にストレスがたまり悪循環に陥ってしまう可能性もあります。

対策としては睡眠前にリラックスできる環境を作る

ストレスを解消する=脳と体がリラックス。
ストレスをリラックス法によって緩和することで、脳と体がリラックス状態になり、不眠症の解消になる。

出典http://不眠症は治ります.net/sleep06.html

眠ろうとする意気込みが頭をさえさせ、寝つきを悪くします。その日の眠気に応じ、眠くなってから床につく方が早く速やかに眠りに入れるのです。

就床前4時間のカフェインの摂取、就床前1時間の喫煙はさけ、読書や音楽など眠る前に自分なりのリラックス法を見つけましょう。

就寝前のテレビやパソコン、携帯も不眠を招く一因となります。
これらの発する光により、睡眠を促すホルモンが分泌されにくくなったり、青色の光は睡眠に悪影響を与えます。

ですので、就寝前の2時間くらい前からは、テレビを見たり、パソコンやスマートフォンで遊んだりするのは控えることが理想です。

不眠に効果のあるリラックス方法

入浴は、家庭で簡単に実行できる最高のストレス解消法です。
リッラクスさせるためには、40℃以下のぬるめのお湯をたっぷりはって、ゆっくりつかりましょう。

音楽は、「あなたの脳波をα波に変えていき、リラックス状態にする効果」があります。
安眠できる音楽を利用するときは、「就寝する1時間程度前の時間帯から、30分〜1時間程度の時間、安眠音楽を聴くこと」が重要です。

睡眠をストレスから開放するには、呼吸も大切です。
まずはかんたんなところで、ゆっくり大きく深呼吸してみましょう。これを数回行なうだけで、気分が少しは楽になるものです。

ストレスで不眠に陥った場合、アロマテラピーも役立ちます。
鼻から入った匂いは、嗅覚野に届きますが、途中で大脳辺縁系を経由します。そのため興奮した脳をゆったりさせ、リラックスさせる効果があるわけです。

香りをかぐことによって、脳の興奮を静め、心身ともに調子を整える健康法です

生活習慣を見直すと、さらに睡眠の質が上がる

1 2