1. まとめトップ

少額で不動産投資をはじめよう

不動産投資は実質利回りをしっかり想定しなければ失敗になってしまう可能性が高いです。不動産投資はリスクが色々と付き物です。東京での不動産投資を成功させるには...

更新日: 2014年04月08日

pottamoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 2242 view
お気に入り追加

★不動産投資とは

不動産を購入して売却して利益を得るキャピタルゲイン、家賃収入などを得るインカムゲインに分かれます。
また不動産物件でも居住用物件・事業用物件とに分かれます。個人投資家の方は居住用物件で毎月の家賃収入を狙うインカムゲイン派の方が多いでしょう。
居住用物件でもワンルームマンション・分譲マンション・一戸建て・テラスハウス・賃貸アパート・マンション一棟など規模もそれぞれ異なります。

不動産投資は幅広く、これから不動産投資をはじめる人は毎月の収入がどれぐらい得られるのかリスクとリターンをしっかり見極めなければいけません。
東京近郊で少額で不動産投資をはじめるには中古の一戸建てやアパートがお勧めです。

★不動産投資向けのサイトもありますね

★利回りはどれぐらい確保すべきか

不動産購入また所有する際には諸費用や物件代金、ローン金利、固定資産税などもかかってきます。
また自主管理でなく、賃貸管理を不動産仲介会社にお願いする際には管理費や修繕費などもかかってきます。
全ての諸費用を考慮して毎月の家賃収入でどれぐらいの利益が上がるのか実質利回りを設定しなければいけません。

借り手がつきやすい人気のエリアかどうか、駅から近いかどうか、築年数はリフォーム状況など含めて
利回りを考える必要があります。

★不動産投資の失敗例

一番失敗してしまう例は最初にかかる物件の取得費用と修繕費用です。
ここでトータル取得費用がかかりすぎてしまうと、賃貸で客付ができたとしても
回収するまでに時間がかかってしまいます。

★不動産投資のリスク

賃貸管理をするには不動産賃貸業者とも良い付き合い方を考えていく必要があります。
遠方の投資物件を購入した場合は、自主管理は難しくなります。
賃貸管理をするにしても空室リスクや家賃滞納リスクなどもあります。
リスクを回避するには賃貸管理してくれる不動産賃貸業者との信頼関係が大事になってきます。

賃貸管理をするには不動産賃貸業者とも良い付き合い方を考えていく必要があります。
遠方の投資物件を購入した場合は、自主管理は難しくなります。
賃貸管理をするにしても空室リスクや家賃滞納リスクなどもあります。
リスクを回避するには賃貸管理してくれる不動産賃貸業者との信頼関係が大事になってきます。

1