1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

10歳の天才画伯「モンドくん」がスゴイ!

福岡在住の「モンドくん」という10歳の絵かきさんはなんともいえない味のある似顔絵を、自らのブログに「モンド今日の絵」として1日1枚アップ中。

更新日: 2014年08月16日

795 お気に入り 495610 view
お気に入り追加

まずはかっこいいイラストを見てください

すげ~!
モンド君が書いたサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドです。

実は10歳の子供が描いています

福岡在住の小学4年生。幼少の頃より独特の個性を発揮。3才頃から面白い絵を描き始め、小学生になると数々の絵画コンクールで入賞。毎日1枚の絵をネットで発表することを日課としています。

モンド画伯――本名・奥村門土くん――は福岡の小学4年生、先月10歳になったばかりだ。

月刊雑誌「NO!」にて「モンド画伯の似顔絵講座」連載中。福岡の宅老所“よりあい”の機関誌「ヨレヨレ」の表紙、挿絵を担当。地元福岡では度々メディアにも取り上げられるなど、注目を浴び始めています。

お父さんのレコード部屋から毎日1点題材を見つけ、肖像画を描いている。

ボギーさんは福岡で活動する音楽家。
自らのマニアックなレコードコレクションをモンドくんに絵のモチーフとして提案したことがきっかけで、彼の絵にマニアックなミュージシャンやアーティストが登場しているというわけです。

お父さんのアルバム「アルコールメモリーズ」のジャケ画も描きました

元ネタは自身の学校の課題として、夏休みに描いた絵

目に映ったものをそのまま描くとっても単純な画風は、対象の本質をむき出しにする。そこには本当がある気がする。本当は怖い。そしてユーモラスだ。

彼の絵は何となく面白く何となく癒されて何となく幸せな気分にしてくれる。
それでいて強烈な印象が残る不思議な絵。チョイスされる人物も面白い。

もんどくんに似顔絵を描かれると、気持ち良いような、恥ずかしいような気がする。かっこつけている世の中のものをもんどくんに描いてもらいたい。

京都、大阪、東京「モンドくんの似顔絵屋さんツアー」も開催

地元福岡では度々似顔絵イベントを開催し、すでに話題となっているモンドくんがこの春福岡を飛び出し、似顔絵を描きにやってきます! 描き溜めた膨大な数の肖像画の中から、選りすぐりの作品の展示も行います。

ほぼ日刊イトイ新聞の編集者さんも、モンドの似顔絵を喜んで頂いた。
2日後、糸井さんの事務所にもお邪魔することになった。モンドをきっかけにどんどん人と繋がっていく。

モンドの絵の展示が京都、大阪、東京の書店で開催決定しました!
期間中、モンドのポストカード、ファンジン(製作中)、「ヨレヨレ」を販売。
最終日にはモンドが来店して、似顔絵屋さんもやります!(人数限定です)

1 2 3 4 5





rasta-undertakerさん

まじめが一番

このまとめに参加する