1. まとめトップ

長者番付の常連だった高額納税者「斎藤一人」さんは今…?

昔マスコミを賑わせていた「長者番付」。その中でもひときわ注目された、斎藤一人さんって今は何してるのだろう…

更新日: 2017年01月30日

109 お気に入り 1173806 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

haisai_minoさん

毎年公開され話題になっていた「長者番付」

政府が数千万~数億円単位の高額納税者を公示する制度。「高額納税者番付」や「長者番付」とも言われる。日本では2005年度分から廃止

政治家、芸能人、会社社長…あらゆる職種から出てくる名前と金額に驚くニュースでした

「お金持ちリスト」と呼ばれ、図書館で名簿を閲覧できたり、住所・氏名・職業がまとめられて市販されていた。
次第にテレビや週刊誌の過度な取材合戦が繰り広げられ、「長者番付のトップはどんな人なのか知りたい」という世間の注目を集めるほど誘拐・詐欺・強盗などのリスクが高くなり…神戸では実際に資産家が狙われる事件まで発生。

事件をきっかけに番付公開は自粛へ、さらに個人情報保護法が開始されたことで現在は非公表に

その名前の珍しさで注目されていた「斎藤一人」さんという人

子供の時 このCMめっちゃ怖かったw ちなみにスリムドカンは漢方系の便秘改善サプリ。これが爆発的ヒットとなり、斉藤一人という名前が有名に

本人いわく「苦手だから」。ただし書籍の付録や講演会のCD集では長丁場も難なく喋っています。会社スタッフや一般のファンにも「写真は撮らないでください」と頼んでいる。(たまたまWEB上にあった後ろ姿…でもこれが本人かどうかは不明)

普段は何をしているのか

もともとは漢方薬を売る店で、現在は銀座の一等地にビル資産を持つ。
まるかん単独の路面店もあれば、自宅の一室にショールームを作り販売する人、サラリーマン副業形式でネット販売、ヤフオク販売をする人など公認・非公認あわせて何千も「代理店」があるため、自社が負担する家賃・土地代はあまりかかっておらず凄まじい売上を誇っているらしい。
斎藤一人氏のきょうだいも資産家であり、それぞれが飲食店などを経営している

本人が書き下ろしたもの、お弟子さんが書いた体験記や講演会の様子をまとめた本などいろんな種類がある。ハードカバー・文庫本・ムックなど。
高額納税の元となっているのは本業の健康食品販売、膨大な書籍類の印税収入?

各地にある「銀座まるかん代理店」「ファンクラブ」経由で講演会活動をしている。
※写真はイメージです

講演先では地元のお寺巡りをし、千社札を貼れる場所には自分の名前を必ず貼っている。近所のお寺や神社を探してみよう

誰でもわかりやすい、グッとくる名言が多い

まるかんグループは今でもすごい稼いでる

柴村恵美子さん(斎藤一人さんの一番弟子)。本人もまるかん製品の売上により長者番付にランクインした経験があり、経営統括をしている店舗は「柴村隊」と呼ばれている

1