1. まとめトップ

新しいSNSのプラットフォーム。noteってなんだろう。

今話題の新しいSNS、noteについてまとめてみました。

更新日: 2014年04月10日

11 お気に入り 9235 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monocromyさん

●どんなサービス?

noteは、文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を投稿して、クリエイターとユーザをつなぐことができる、まったく新しいタイプのウェブサービスです。

つくった作品(ノート)は、通常のブログやSNSなどと同様に無料で公開することもできますし、手軽に売り買いすることも可能です。

Twitterと InstagramとpixivとsoundcloudとVimeoの基本的な機能がついていて、
そのコンテンツを販売することもできるSNSみたいですね。

●どんな人が登録してるんだろう?

ざっくりと見た中では、漫画家、小説家、ミュージシャン、ライター、デザイナー、起業家
会社社長さんがいました。一般の方も多く登録し始めているみたいです。
波にのるのは今かな?(笑)

●登録してみた

デザインはTwitterのような感じですね。
シンプルでスッキリとした印象です。

●noteを彩る5つのノート

①:トークノート

Twitterのように短文を投稿し、
ユーザー同士でコメントをしてコミュニケーションを図る機能です。
短文とともに画像も投稿できます。

Facebookでいうところの、「いいね」はnoteでは【スキ】になっています。

②:イメージノート

自分が描いたイラストや写真などを投稿できるノートです。
投稿の仕方はファイルをページにドラッグするだけで簡単でした。
ファイルサイズは5MBまでとなっています。
有料コンテンツにする場合は2枚以上のアップロードが必要です。

③:テキストノート

ブログのような長文を投稿できるノートです。
投稿するときは表紙(ヘッダー?)を設定して、タイトル、本文を入力します。
画像の挿入も可能です。

文字の太さを変えたりテキストにリンクを貼りたいときは、
文字を選択して1秒くらいすると簡易なツールボックスが表示されます。
ツールボックスには文字の大きさ・太さを変える機能、文字の中央揃え、両端揃えをする機能、
リンクを貼る機能があります。リンクを貼るアイコンはクリップのようなアイコンです。
クリックするとURLを貼るところが表示されるので、そこにリンク先のURLを貼ります。
URLを貼ったら【必ず】Enterキーで画面を閉じましょう。
☓で画面を閉じてしまうとURLのリンクは無効になってしまいます。

有料にする場合はコンテンツを作成後、公開範囲を選択できるみたいです。

④:サウンドノート

ボイスレコーダーやDAWソフトなどを使って作成した音声データやオリジナル音源を投稿できるノートです。
無料・有料が選択できます。
ファイルは50MBまでのMP3形式に対応しています。

⑤:ムービーノート

youtubeやVimeoの動画を紹介できる機能のようです。
現在は無料のみのサービスですが、今後有料にできるようになるそうです。
その時はオリジナルファイルをアップロードする機能がつくのでしょうね。

●投稿したらどうなるの?

各コンテンツを投稿すると自分のタイムライン及びフォロワーさんのタイムラインに
コンテンツが表示されます。
有料コンテンツの場合は投稿したコンテンツ(ノート)の右上に金額が表示されます。
クリックすると無料の範囲だけが表示されて、購入することですべてのコンテンツを見たり
読んだり、聴いたりすることが出来るようになります。

●購入するときはどうするの?

1 2