1. まとめトップ

誰かに教えたくなる腹式呼吸の健康効果

私たち人間は常に呼吸を行っています。それを意識して腹式呼吸に変えるだけで、様々な効果があります。ただ呼吸をするだけなのでコストもかからず、いつでも手軽に行えます。正しい呼吸法を身につけ、日々を健康的に過ごしてみませんか。

更新日: 2015年03月22日

40 お気に入り 37000 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

――腹式呼吸とは――

お腹を出したり、引っ込めたりする呼吸法を腹式呼吸といいます。
また腹式呼吸ではゆっくり吸ってゆっくり吐くことが重要となります。

ごく簡単なイメージで言うと風船を膨らますときには、思いっきりお腹に空気をため、そしてお腹から空気を出して風船を膨らましますよね。そんな感じです。

ダイエットでお腹を細くしたい人は、まずは腹式呼吸で腹横筋を使う癖をつけるといいでしょう。

散歩と腹式呼吸を習慣化するだけで、精神的に病むことは少なくなるぜよとか近所のおっちゃんに言われたけど、本当だな。ハゲとか言ってすみませんでしたおっちゃん。

ぽっこりお腹を凹ませたい‥‥そんな時は腹式呼吸がおすすめだよ!さぁやってみよう!!

――腹式呼吸やり方――

背筋をできるだけ伸ばし、鼻からゆっくりと息を吸い込んでいきます。なるべくお腹を膨らますようなイメージで行います。
そうしてその後今度は口からゆっくりと息を吐き出していきます。お腹を徐々にすぼませるようなイメージです。
ただあくまでラクに無理しない程度に行っていきましょう。

――腹式呼吸はストレス解消、リラックス効果あり――

イライラしたり、緊張したり、落ち着かず不安なとき、そしてストレスを感じたときなどに、呼吸法は非常に即効性のある有効な方法として知られ、あらゆるリラクセーションの基本となっています。

腹筋を使ったゆっくりとした呼吸は、心身がリラックスした状態で行われるもので、自律神経のバランスがいい状態を示しています。これを利用して、腹式呼吸を意識的にすることで、リラクゼーション効果を得ることも可能なのです。

リラックスしている時には副交感神経が働くんですが、腹式呼吸の「深くゆっくりとした呼吸」をすると、この副交感神経が活発になり、リラックス出来るんです。

――腹式呼吸で免疫力アップ――

腹式呼吸を続けていると、いろいろな症状が緩和し、改善されるとの報告もあります。
免疫力アップのためのこれらの行動を、しっかりと意識しながら毎日の生活習慣に組み込んで、元気な体を維持していただきたいものです。

腹式呼吸がもつ力とは、交感神経優位に傾いた自律神経を、副交感神経優位に切り替える力だからです。
副交感神経が優位になると心身がリラックスし、免疫力もアップします。

ストレスを感じているときにも人間は「胸式呼吸」を行っています。このため、相対的に交感神経が働く時間が多くなり、副交感神経は休止状態になります。こうして自律神経のバランスが乱れた結果、免疫力にも悪影響を与え、体に様々なトラブルを引き起こしてしまいます。

生活の中に意思意的に「腹式呼吸」を取り入れ、自律神経のバランスを整えるとともに免疫力を高めていきましょう。

――腹式呼吸はダイエット効果あり――

「腹式呼吸」とは、通常胸でおこなう呼吸を、お腹を膨らませて息を吸い、お腹をへこませて息を吐く方法。腹式呼吸をすると、腹筋や大胸筋が鍛えられ、基礎代謝がアップします。
そして大量の酸素を体内に取り入れるため、脂肪が燃焼しやすい身体を作ることにもつながります。

普段の呼吸を胸呼吸から腹式呼吸を意識すればあなたのお腹ダイエットに効果的です!

お腹を意識しながら腹式呼吸をすることで、腹筋が鍛えられます。しかも、腹式呼吸で鍛えられる腹筋は、インナーマッスルと言われる部分です。インナーマッスルを鍛えることで、「ぽっこりお腹」とはサヨナラできますし、基礎代謝量も上がるため、痩せやすい身体になるのです。

――腹式呼吸で便秘解消――

腹式呼吸は、お通じ対策でも定番。お腹の中で腸を上下に大きく揺さぶる刺激が、鈍った腸の動きを引き出してくれるようだ。

自立神経のバランスが崩れると色々な症状が現れますが便秘もその一つです。腸の運動は副交感神経によっているので腹式呼吸は便秘にも効果があるそうです。

1 2