1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

アメリカに旅行へ行くなら絶対食べるべき!Chipotleって知ってる?

私はアメリカに留学していたときにChipotleに出会いそれ以来はまっています!アメリカへ旅行する際には必ず一度は行きます。価格もファストフードなのでお手頃で、ボリューム満点、おいしいと3拍子そろっています。アメリカへ旅行の際はぜひ試してみてください!

更新日: 2014年04月11日

291 お気に入り 127949 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

eryoshidさん

Chipotleとは?

同社ウェブサイトによれば、最初の店舗をコロラド州デンバーに開いたのが1993年とのこと。現在では全米に900店舗以上を展開しているそうです。創業者でCEO兼会長のスティーブ・エリス氏はシェフ出身で、ホルモンなどを使わずに自然に飼育した家畜の肉と、持続的農業による野菜の使用をレストランの方針としています。

店舗数は約1480店舗でアメリカ以外にもカナダ、イギリス、フランスなど海外にも進出しています。この店舗数からフランチャイズ・チェーンかと思いきや、珍しく全店舗がCorporate-Ownedの直営店。(←ちなみにスタバやマクドもそう)

メキシカンというと、派手な色合いの店が多いのですが、Chipotleはどの店舗もシンプルで、モダンな感じです。

代表的なメニュー

メニューは基本ブリトー、ボウル、タコス、サラダのみで、それにトッピングするメイン素材を鶏肉、牛肉、豚肉、野菜等5種類の中から選べます。メイン素材にサラダやライス、ビーンズ、サルサなどお好みで組み合わせ、その流れ作業はまるでSubway。

一番ポピュラーなメニュー。ライス、ビーンズ、肉、サルサ等お好みで入れてトルティーヤで包む。

ブリトーの皮なしバージョン、つまり中身だけ。トルティーヤの皮がない分カロリーが少なく、スプーンで食べれるので女性に人気。

パリパリのコーントルティーヤにレタス、サルサ、肉、チーズ等お好みで入れる。

小麦粉のトルティーヤで包むバージョン。殻は柔らかい。

チップスをワカモレ(アボカドのディップ)につけて食べる。通常サイドメニューとしてブリトー等と一緒に食べる。

オーダー方法

① まずは、「ブリトー」「ファフィータブリトー」「ブリトーボール」「タコス」「サラダ」の中から好きなスタイルを選択。

② 肉の種類を選択(ベジタリアンはベジタリアンと)。

③ ピントかブラックの豆を選択。

④ その他もろもろ、米やコーン、レタス、チーズ、サワークリームなど。

⑤ サルサソースを選択。

お値段もお手頃!ドリンクをつけても$10以下で食べれる!

3つのタコスがついてきます。 写真は1こ食べちゃってから撮ったもの。 $6.65成。

これで7.98ドルだったと思います。為替レートにもよりますが、物価の高いニューヨークにしてはお手頃価格。

チキンブリトーにしてみました。
飲み物(コーラ)付けてワッカモレ追加して計$8.51(税込)

選んだ具によって値段が変わりますが、大体6ドル強です。ドリンクを付けて7ドル強というところ。

そしてボリューミー!

今回、久しぶりに食べたんですが・・・
こんなに大きかったっけ??っていう大きさにビックリ!
軽く1kg(盛りすぎたかな・・600gくらい!)はあるんじゃないかと思うくらいのボリュームで、
半分食べた時点でだいぶお腹が・・いっぱい。
お昼に食べたんですけど、夜ご飯入らないかもっというくらいお腹が膨れました 笑

1 2