1. まとめトップ

イモトやなすびが挑戦するエベレストへの登頂費用がとんでもなく高かった

お笑い芸人のイモトアヤコ(28)が8日、人気バラエティー『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の企画で登頂する世界最高峰・エベレスト(8848メートル)への出発を報告した。しかしエベレストに登頂するにはとんでもなく高額な費用が必要なのである。

更新日: 2014年04月11日

2 お気に入り 140235 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tame2000さん

イモトアヤコ、エベレストへ出発報告

お笑いタレントのイモトアヤコが8日、自身のブログを更新。日本テレビ系番組『世界の果てまでイッテQ!』(毎週日曜 後7:58)の企画で登頂する世界最高峰のエベレスト(8848メートル)への出発の報告とともに、決意を綴っている。

「いよいよこれからエベレスト挑戦に向け日本を立ちます」

世界最高峰からの景色楽しみにしていて下さい。
私イモトアヤコ、エベレストイッテきます!

お笑い芸人ながら番組での登山歴は華々しい

『イッテQ!登山部』が誕生したのは09年。一昨年、イモトは標高4478メートルのマッターホルン登頂に成功し、昨年には標高8163メートルのヒマラヤ・マナスルも制覇。企画の発足から僅か5年で世界最高峰への挑戦になった。

初めて本格的な登山をしたキリマンジャロから早5年。まさか本当に自分が世界最高峰に行くとは未だに実感ありません

イモトは「極地法」で登頂に挑戦する

「極地法」とは、大勢のスタッフやガイドが物資とルートを確保し、最終的に少数の登山者で頂上を目指す登山法。

安全性が高いものの、高額の費用が必要であり大量のゴミが山に残るなどの問題点もある。

しかし、プロの登山家ではないイモトにとって大事なのは安全であり、この極地法で今回も山頂を目指すことになるだろう。

「極地法」でのエベレスト登頂にはいくらかかるのか?

今回、登頂を発表した番組でアドバイスをした最高齢80歳にしてエベレストを登頂した三浦雄一郎さんが登頂にかかった費用はなんと!1億5000万円とか。

三浦雄一郎さんのパーティーはアタック隊が2名、アタックのサポートが2名、ベースキャンプのサポートメンバーが3人、コックが5名を含むシェルパが18人の大部隊。

そもそもエベレスト登山は金がかかる

1.入山料

ネパール政府はエベレストのベースキャンプ(約標高5300m)より上に行くものはこの入山料を収めなければならず、その価格はなんと1人250万円である。

しかし7人グループで申し込むと780万円になる割引?があり、これを利用すると一人当たりは111万円になる。

どちらも実施は2015年度から。

2.登山中にかかる費用

エベレスト登山の最初の難所である「アイスフォール」を通過するためのルート使用料。

登山者はこのSPCCが整備してくれたルートを使用することになるのだが、その際に使用料が発生する。

1 2