1. まとめトップ

モンスターズ・インク,モンスターズ・ユニバーシティの登場キャラクター図鑑

ディズニー/ピクサー製作モンスターの世界を描き大ヒットした「Monsters, Inc」とその続編「Monsters University」に出てくるキャラクター(ほぼモンスター)達です。アカデミー賞にノミネートされたりディズニーランドにアトラクションが作られたりと老若男女楽しめる作品ですね。

更新日: 2015年02月17日

85 お気に入り 1813334 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

モンスターズ・インク

サリーの親友であり、仕事のアシスタントでもある。外見は一つ目に緑のボールから手足が生えたような体つきが特徴。お調子者で頭の回転が速くよくしゃべるが、短気でそそっかしい性格。社内の受付嬢セリアと熱愛中。サリーには仕事中のサポート以外にも毎朝怖がらせのトレーニングをコーチしており、敏腕アシスタントぶりも発揮している。しかし書類の整理ができないため、事務担当のロズが大の苦手でよく心にもないお世辞を言って機嫌を取ろうとするが毎回見抜かれている

モンスターズ・インク社内一の怖がらせ屋で、悲鳴エネルギー獲得量はいつもトップ。
自分達の世界に入り込んだ少女に出会ってからは、ただ彼女を怖がるだけであったが、過ごしていくうちに情が移って彼女を「ブー」と名付け、今まで誰も犯したことのなかった「人間の子供を愛してはいけない」という掟を破ってしまう。そして彼女を元の世界に戻すため、徐々にマイクをも引きずり込んでの大騒動に発展する。

出典prcm.jp

ひょんなことからモンスターの世界へ入り込んでしまった女の子。
クローゼットのドアは白地に花柄があしらわれた物。好奇心旺盛で目を離すとすぐにいなくなってしまう。まだ言葉をうまく話せないが、サリーを「にゃんにゃん(Kitty)」と呼んで懐き、マイクのフルネームも覚えてしまう。初対面のサリーを恐れず、彼がピンチに陥った際はランドールに摑み掛かかるといった勇敢な面も持っている。再び会社へ侵入する際にはサリーが徹夜で作成したモンスターの着ぐるみを着用している。

出典prcm.jp

外見は8本の手足を持つ紫色のトカゲのようなモンスター。陰湿で狡猾な性格。
カメレオンのように体色を周囲の風景と同化させ、まるで消え去ったかのように見せる能力を持つ。温厚で誰にでも社交的なサリーとは異なり性格の起伏が激しく、あまり社交的ではない。社内ではサリーに次ぐ第2位の怖がらせ屋で、1位のサリーを常にライバル視している。

赤い体と三つ目に眼鏡をかけたランドールのアシスタント。悪気はないものの気弱な性格で、ランドールの命令には従順である。また、機械に詳しい一面を持っており、ランドールが担当しているドアの周辺機器の不具合を指摘したり、悲鳴吸引マシンの操作や調整を行っていた。事件解決後はランドールの代わりに仕事をし、爆笑フロアで子ども達を笑わせるために日々腕を磨いている。

モンスターズ・インクで事務を担当するナメクジ型のおばさんモンスター。無愛想でスローな口調が特徴だが、仕事の鬼であり、書類の不備が多いマイクに常に目を光らせている。
実は事務担当は社内での表の顔で、その正体はウォーターヌースの悪事を暴くために派遣されたCDAの隊長だったことが判明する。
NG集では登場しない場面に突然登場し、出演者を驚かすなど普段の態度から想像できないほどイタズラ好きでお茶目な一面を見せた。

出典prcm.jp

目が5個あり、下半身はカニのような多足型モンスター。
現モンスターズインク社長で、3代目。
表向きは信頼と安全をモットーにしているが、実は全ての事件の黒幕。ランドールとファンガスを使って悲鳴吸引マシンを開発し、誘拐した子供から無理やり悲鳴エネルギーを取ろうとしていた。後に自身の邪魔したサリーとマイクをネパールのヒマラヤ山脈の吹雪の中に追放するも自力で帰還したサリーとマイクの策略で入ってきたシミュレーションルームにてCDAに本性を暴露してしまい、社長の権限を剥奪されると同時に逮捕された。連行の際、悪あがきとしてサリーを散々罵倒するという社長らしからぬ情けない姿を晒していた。

モンスターズ・インクの受付レディ。マイクと熱愛中。一つ目で髪の毛すべてが蛇、手足は触手、スレンダーボディの外見の持ち主。

実はブーがモンスター界に来た日はセリアの誕生日だったが、ブーの出現で台無しにされる。その後、CDAの消毒を受け、怪我をしたためマイクを見損ねてしまい、一時は破局寸前までいったが、真相を知ったことで和解し、ブーを元の世界に返す協力してくれた。その後は元の熱愛関係に戻っている。

怖がらせ屋の一員。業績は8位。頭の一本角と、全身を覆うオレンジの体毛が特徴的だが、勤務中に運悪く子供の靴下を体につけたまま帰還したためCDAに全て毛を剃られ消毒されてしまい、その後も不運体質により何度もCDAの世話になる羽目に。事件解決後はチャームポイントのオレンジの体毛は全て生え変わっていた。

ジョージのアシスタント。普段は人間界の仲良し兄弟のような仲だが、劇中で何度もCDAの世話になるジョージに靴下を口に突っ込まれ黙らせられ、更にドアから人間の世界に放り込まれる。ただし、ウォーターヌースが逮捕された後は、ちゃっかり元の世界に戻っている。玩具「スケアリーフィギュア」では名前が「レイ」だった羅しい。

怖がらせの際にツメを生やすモンスター。見た目はいかついが泣き虫で、いつもアシスタントに「しっかりしろ!」と殴られている。業績は12位。

仕事の際に多数の目玉を顔に付けるが、接触が悪いのか落ちてしまうことも。業績は11位。

ワニのような頭部から足が生え、鋭い牙が並ぶ大きな口をもつモンスター。アシスタントから歯を磨いてもらっている。業績は9位。

顔の部分から長い腕と脚が生えたモンスター。クロウズとは仲がいいようで、何かと彼と一緒にいることが多い。業績は10位。

ポーリーと同じ体型で色が黒く、三つ目のモンスター。業績は3位。

鋭い入れ歯をはめて怖がらせるモンスター。事件解決後は子供を笑わせるためにおもちゃの入れ歯をはめている。業績は6位。

仕事の際に身体から多数のトゲを生やすモンスター。業績は7位。

六本ずつの手足をもつモンスター。業績は5位。

頭に脚が直接生えた姿をしているが絶叫フロアでは最下位のモンスター。

毛で覆われた頭部と触手をもつモンスター。NG集ではサリーを転ばせた後、他の怖がらせ屋共々転んでしまい、視聴者を笑わせた。業績は4位。

常にはって移動しているため、マイクからは「疲れてる」と思われている。ウォーターヌースが逮捕された後は、高慢そうな態度を見せた。

モンスターの街の八百屋。サリーとマイクとは仲がいい様子。

巨大すぎて脚しか画面に映らないモンスター。鶏のような鳴き声。音声解説によると、有名な怪獣映画から鳴き声を取ろうとしたが、版権の問題で鶏のような鳴き声になった。エンディングのNGシーン集ではトイ・ストーリーシリーズのレックスもテッド役のオーディションを受けていたことが判明した(しかし落選した模様)。

新人の教育係。ウォーターヌース同様、上半身はスーツを着た人間系だが、下半身はヘビのような姿をしている。

絶叫フロアのマネージャー。作業開始のカウントダウンを行う。指が7本あるためカウントダウンは7から行う。掛け声は「本番7秒前」。

新入りの怖がらせ屋。あだ名は「フレム」。間抜けで練習でも失敗ばかりだが、事件後はそのおっちょこちょいなところが笑いに繋がったためか採用され働いていた。

ジョーンズのアシスタントで五つの目がついており、それを指の様に使っている。また、弾みで帽子が取れることもしばしば。マイクがランドールに事件に関与したか聞かれた際に、彼を指して「あいつが怪しい!」と言い、濡れ衣を着せられた。

ニードルマンやスミッティ同様、会社の掃除係。だが歩くと液体が出るので、いつも汚してしまう。

1 2 3 4