Messianism is the belief in a messiah, a savior or redeemer.(略)The state of the world is seen as hopelessly flawed beyond normal human powers of correction, and divine intervention through a specially selected and supported human is seen as necessary.

出典フリー百科事典「Wikipedia」、Messianismのページから引用

「メシアニズムとは救世主、救済者、救い主への信仰のこと。(略)世界の状態をノーマルな人間の修復力を超えて絶望的に損なわれているものとし、特別に選ばれ支えられた人間の神的な干渉を必要と見なすこと。」が拙訳。大事なのは、宗教によって世界の人間をまるごと救う現実界のアクションが発想されていることです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

《大学入学共通テスト倫理》のためのアウグスティヌス

センター試験の倫理科目のために哲学者を一人ずつ簡単にまとめています。アウグスティヌス(354~430)。キーワード:「神の恩寵」「カリタス(ギリシャ語アガペーのラテン語版)」「信仰・希望・愛(キリスト教の三元徳)」主著『告白』『神の国』

このまとめを見る