イエスを試すために、律法学者たちやファリサイ派の人々が、姦通の現場で捕らえられた女を連れて来た。律法では石打ちの死刑に値する。イエスは「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」と言った。これを聞いて誰も女に石を投げることができず、引き下がった。

出典フリー百科事典「ウィキペディア」、罪の女のページから引用

「ヨハネによる福音書」に、後世追加されたエピソードと言われ伝説的な内容です。しかし、この社会で差別される人間も含め、全ての人間が平等であると強烈に主張している点がイエスらしいと思います。当時通用していた法を超えて平等だと。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

《大学入学共通テスト倫理》のためのアウグスティヌス

センター試験の倫理科目のために哲学者を一人ずつ簡単にまとめています。アウグスティヌス(354~430)。キーワード:「神の恩寵」「カリタス(ギリシャ語アガペーのラテン語版)」「信仰・希望・愛(キリスト教の三元徳)」主著『告白』『神の国』

このまとめを見る