1. まとめトップ

暑くてもランニング時のタイツは欠かせないものだった

黒いタイツの季節ではないな~と思うくらい暑い日々。そもそもタイツはなんのためにランニング時に履くんだっけ?

更新日: 2014年09月03日

59 お気に入り 416363 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

uriuri-さん

ブームから習慣に変わりつつあるランニング。
たしかに都内のどこでも走っている人たちを見かける。

ランニングタイツって効果あるの?ファッション目的?

<<どうしてスパッツを履くの?>>

Tシャツ、短パン、スパッツ、スニーカー

ランニングパンツやスカートの下にロングタイツを着けている人がほとんど

実際皇居ランしていても多くの人がタイツを着用しているのを見かける

疑問
なぜ履くの?
何のために履くの?
夏でも履いてるけれど、暑くないの?

関節や筋肉のサポートをしてくれ、体がぐらつかないようにもなっています。

高機能のものには、マラソンのあとにはいても、足の疲労をスムーズにとるものなども

ヒザが痛くて10分と走れない人がランニング用タイツを履くことでフルマラソンを完走できたり

10Km完走できたー!ランニングタイツすげー!Nikeのアプリ使ってるけど、タイツはasics(笑) Nike+を使用して10.0 kmのランを終了しました。 go.nike.com/06r8mn20 #nikeplus pic.twitter.com/UwN54DBYs7

すごく足を守ってくれて、走るのをサポートしてくれるんだね

ランニング用のタイツはその機能によって大きく次のように分けられます。

● 筋肉のパフォーマンスを上げるためのもの
● エクササイズ効果をより高めてくれるもの(カロリー消費など)
● 筋肉関節をサポートしてくれるもの

ランニング時のボトムスはトップス同様、吸湿性・通気性・速乾性の高い素材で、軽く、走行の妨げにならないものであればどんなものを着用しても問題はありません。

しかし、走りを追求し、ランニングで起こりうる様々なリスクを軽減し、走りそのもののサポートを高めたい人はボトム選びもこだわりたい重要なポイント

初心者ランナーのランニングタイツの長さは足首までのロングが基本

サイズは「けっこうキツイな~」と思うくらいピッチリとしたものを

大きすぎると機能が発揮されません。

ランニングタイツには「コンプレッションタイツ」と「サポートタイツ」の2種類が

レース中の疲労軽減やトレーニング後の疲労回復促進を目的としたい方はこのコンプレッションタイツで血液循環を良くしてみると良いでしょう。
サポートタイツは負荷のかかりやすい膝や関節、骨盤周り太ももなどをサポートすることで、痛みや筋肉疲労を軽減させることが期待出来ます。

ランニング用の新しいタイツ購入。これで2種類になったので一日置きに走れる。足痛くなりやすいので高いやつを買ったが凄く良かったので、同じモデルの種類違い。これも高い。明日早速使ってみよう

ヒザ部分のX模様がちょっとずれるだけで全然効果がちがうので履き方に注意

陽射しが特に強い日や長めに走る場合は、半袖よりも長袖のTシャツ、短パンよりも長めの丈のパンツやタイツがベター

日差しから地肌を隠した方が暑くない場合もあるのです

タイツ無しに短いランニングパンツ履くのは脚の状態によってはテロだからね

見た目も大事、ということですね

自分でできる暑さ対策としては、丈を長いものから短いものにする。冬物を避ける、くらいかと。

保湿や保温を重視しているもの以外は意外と暑くない。

なぜ履くの?→走る足のサポート。

何のために履くの?→機能性が高いので、ランニングでのリスクを軽減し、ラン能力の向上ができる為。

夏でも暑くないの?→夏用のものを選べばそんなに暑くない。見た目的にも履いた方が見苦しくない。

1 2