1. まとめトップ

高速夜行バスで快適に過ごす6つの工夫

安く長距離移動できる高速夜行バス。しかし慣れていないと不快な思いをする事も多々あります。不快な旅にならないように出来る事とはなんでしょうか?

更新日: 2014年04月14日

30 お気に入り 43378 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ooo163oooさん

●はじめに

高速夜行バスは時間を有効に使えて便利ですが、狭い車内ではなかなか熟睡できません。
そんなバスでもぐっすり寝て、翌朝元気に活動するコツをご紹介します。

1.寝やすい席を予約する

夜行バスで一般的な3列独立シートタイプの場合

夜行バスは通常のバスよりも深く倒れるので前に人がいると圧迫感があります。
それを避ける為にも最前列及びトイレの後ろの座席がおすすめです。

一番のおすすめ座席は、やはり最前列窓側です。
フロントの風景を見ることで、バスの動きを予測できる為
車酔いもしにくいと思います。

隣が気にならないカーテン付きのバスを選ぶのもGood!!

2.トイレはバスターミナルに着く前に

バスターミナルのある駅のトイレは化粧を落としてから乗りたい、そんな女性で混雑します。

女性の方は嫌かもしれませんが、なるべく自宅で化粧を落としてから

大荷物を持って混雑する狭いトイレで身支度するのは大変なので、もっと手前の段階で

自宅や会社で済ましてから行きましょう。

カフェインの効能としては、眠気覚ましなどの興奮作用や尿の排出を促す利尿作用など

その他にも自律神経の働きを高める、運動能力を向上させるなど夜行バスとは無縁な効果が。

3.車内でのお役立ちグッズを忘れずに

夜行バスは深夜には消灯しています。
その中で携帯を触る人、ゲームをする人が必ずいます。

そんな光が気になって睡眠を邪魔されないように。

ちなみに,夜行バス利用者の中にはアイマスクの代わりにタオルを使っている人もよく見かけます.

エンジン音や隣の人のイビキ対策に

音楽を聴いて防御もアリですが、やっぱり耳栓が効果大

車内に漂う色々なニオイや、狭い車内なので風邪をうつされる危険もあります。

イカを片手にビールで酒盛り・・・。なんて人も居るので匂い対策に

アイマスク、耳栓、マスク。と不審者3点セットですが、気持ちよく過ごす・寝る為に

4.靴は脱ぐ

出典jsbm.info

普段から家で靴を脱ぐ日本人は特に。

当然、周りに迷惑を掛けないように清潔にしている事が前提です。
夏はサンダルなど。

スリッパを持ち込むとSA/PAにでの休憩の際にまた靴を穿くのが面倒なので、あると非常に便利です。

5.化粧は直前の休憩ポイントで

出典prcm.jp

行きと逆で到着してから化粧をする女性が大勢います。

ですので化粧は到着前の休憩ポイントで済ませておきましょう。
バスから降りて大きな荷物を抱えて化粧するのも大変です。

6.早朝から営業している店を調べておく

夜行バスの性質上、早朝に到着する事が多いです。

そこで早朝に時間が潰せるファミリーレストラン、インターネットカフェなどを調べておくといいです。

早朝からやっている銭湯なんかもオススメですよ

▼番外編

1 2