1. まとめトップ
  2. カラダ

ダイエット中でもお酒が飲みたーい☆太らない飲み方はこれ!

ダイエット中でも飲み会のお誘いはあるし、やっぱり飲みたい!そんなあなたへおくる、太らない飲み方をまとめてみました。

更新日: 2014年04月14日

hinamelさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
541 お気に入り 316855 view
お気に入り追加

■ダイエット中…でも…

@1220rin38 まぁ、程ほどにね。 私は二日酔いだけど元気だよ!今日も飲み会だよ! 絶賛ダイエット中なのに2日連チャンで飲みだ! 折角体重落ちてきてるのに台無しだよ☆(ゝω・)

今日は忙しい1日になりそうです。午前中は会議(案件てんこ盛り)。午後から来道する同級生と合流して友の墓参り。夜は更に仲間が増えて飲み会… ダイエット期間中にも関わらず、たまに旨いもん食いたい病が顔出しそうです。 いか~ん!意志を確り持つんだぁ!!!

ダイエット中だから出来ればお酒は控えたい。でも、年末年始のこのシーズン、つきあいなどで、お酒を飲む機会も多く、その都度お酒を断るのも逆にストレスが溜まってしまいますよね。お酒を控えるとその分、食べものに意識が集中してしまい、自分だけ“ドカ食い”なんてことにもなりかねません。

ダイエット中でも、周りのみんなと一緒に楽しくお酒を飲んで、ストレス発散したいですよね! そこで今回は、美容料理家でもある筆者がおすすめする、“ダイエット中でもOKな太りにくいお酒”をまとめてみました。ぜひ年末年始のこのシーズン、参考にしてみてくださいね。

■じゃあ何を飲んだら太らないの!?

焼酎やウイスキー、ウォッカなどの蒸留酒は、アルコール以外のカロリーが含まれないので、蒸留酒だけを飲む分にはカロリーゼロ。

これだけを飲んでいて太ることはありませんし、蒸留酒の場合、お水で割って飲むと、アルコール度数も抑えられるという利点もあります。

アルコールの適量は、年齢・体質・運動量・食事量など個人差があるので一概には言えませんが、ダイエット中ならば1日100~200kcalが目安です。(純アルコール量で20~25g)

具体的には、ビール中ビン1本・日本酒1合・焼酎20度で1合・ウイスキー、ブランデーダブル1杯・ワイングラス2杯です。ほろ酔い程度が良いのではないでしょうか?

■じゃあおつまみは何を食べたら太らないの!?

お酒と一緒に食べるおつまみも太る原因のひとつ。

アルコール分解には炭水化物(糖質)が必要ですが、これらが分解されると、消費されなかった残りのカロリーは体脂肪となり、体に蓄積されてしまうのです。

お酒の席ではなるべく、脂質の多い揚げものや、動物性のものではなく、野菜サラダや、アルコールを分解しやすい枝豆、豆腐などを選んで食べるのも大切なポイント。

お酒を飲んだ後にラーメンやお茶づけが食べたくなりますが、食べると確実に体脂肪になります。

お酒の後は水分をしっかり取って何も食べずに眠りましょう。おつまみを食べた場合は、すぐに眠るのは避けできれば2時間以上たってから眠りましょう。お酒の後のラーメンやお茶づけはダイエット中だけでなく、普段から止めるようにしましょう。

■おすすめのおつまみはこれだ!

刺身
鳥のささ身(燻製やレモン煮、たたきなどがおいしいですね)
枝豆、豆腐などの豆類
魚類の乾き物(するめ、エイひれ、たらなど)
温野菜サラダ(ノンオイルのドレッシングで)
かまぼこやはんぺんなどの魚加工品(さつま揚げなどのあげた物はNG)

なるべくよく噛めるもので低カロリー、低脂肪で、高たんぱくなものをとるようにしましょう。

これだけあればダイエット中でも寂しくありませんね!

■このおつまみは我慢です!!

揚げ物類
チーズ類
脂肪分の多い肉や魚
ナッツ類
飲んだ後のラーメンやご飯

高カロリーで、脂肪分や糖質の多いものは控えましょう。

唐揚げとビールの組み合わせは…控えましょうか。

1 2





hinamelさん