1. まとめトップ
  2. 雑学

間違ってない?失敗しない自転車運転の基本マナー

最近、増えているのが自転車事故。特に多いのが自転車対歩行者のような、歩行者に対する事故が増えてきています。自転車も交通ルールを守る必要があります。どのようなことに気をつけるべきでしょうか?

更新日: 2014年04月14日

133 お気に入り 50487 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●自転車での事故は増えている?

自転車は,環境にやさしく手軽で便利な乗り物ですが,使い方次第では迷惑をかけたり,危険であったりします。

自分勝手な走り方は、歩行者やドライバーの迷惑になるだけでなく、交通事故の原因にもなりかねません。

●自転車の基本マナー

1.左側通行

自転車は、道路交通法では「軽車両」に分類されています。

したがって自転車は本来、車道を通行すべきもので、原付(原動機付自転車。スクーターのことですね)と同じく、 車道の左端を走るのが正しいのです。

・路側帯も左側通行になった?

道路交通法の改正で、平成25年12月1日から自転車が路側帯を通行する場合も道路の左側に限定されます。

もし道路の右側を通行した場合は3カ月以下の懲役または、5万円以下の罰金に処せられます。

2.歩道では歩行者優先

“自転車通行可”の標識があるところでは歩道を走行してもいいのですが、基本的には歩行者が優先です。

歩道では、すぐに停止できる速度で、歩行者の通行を妨げる場合は一時停止しなければなりません。

・自転車を押すことがベスト

ベルを慣らすのも必要時以外は歩行者をびっくりさせてしまうのでNGです。

ベストなのは自転車から降りて押して歩くことです。

3.車道に出るときは、後方の安全確認

その際に、いきなり車道に飛び出してくる自転車乗りの方が非常に多いんです。これは車の運転手からするとヒヤリとします。

進路変更をするときや、自動車に道を譲るときなど、自動車に合図を送り、 自分の意思を伝えることが自分を守ることにつながります。

4.ながら走行はNG

1 2