熱すぎる湯に入るのは厳禁です。熱い湯は体を刺激して興奮状態にしてしまうため、リラックスとはほど遠い状況になってしまいます。このような状態で床についても、目が冴え渡って、なかなか深い眠りに入れなくなってしまいます。入浴する時は、就寝の数時間前に、あまり熱すぎない湯に、ゆっくり時間をかけてつかることが大事

出典疲れのとれる入浴法:疲労回復に役立つデータ集|疲れがとれない人のために

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

正しい入浴 六つの嬉しい効果《ダイエット・美肌・疲労回復など》

一日の疲れを癒してくれ、とってもリラックスできるバスタイム、入り方次第では美容と健康により嬉しい効果があります。同じ入浴するならもっと得する入浴法で!ダイエット、美肌、疲労回復に冷え性改善など。

このまとめを見る