提供:P&G

何このプニプニ感 (゚Д゚;)ふしぎな洗剤「ジェルボール」

洗濯が好きでも嫌いでも、使ってみたくなる洗剤を発見しましたよ。

更新日: 2014年05月07日

543 お気に入り 2199275 view
お気に入り追加

なんかプニプニしてるー (゚Д゚;)

これが本当に洗剤なのか…

この洗剤、従来の洗剤とはまったくちがい触った感じは「プニプニ」している

ジェルボールは形や色がとってもかわいい。どうして今までこんなカタチの洗剤がなかったんだろうって感じです。

おお。なんかすごい弾力!

まったく新しいタイプの洗剤らしい

1粒つまんで洗濯機に入れるだけなので、こぼれないよう計量したり詰め替えたりという作業が不要に

それは…ラクだ…!

水溶性の「マジックフィルム」に洗濯1回分のジェル状洗剤が密封されている

フィルムは水に触れれば溶けるけど、濡れさえしなければ簡単には破れないという。。

洗浄力もめっちゃパワフル。

アリエール液体洗剤史上、最強の消臭洗浄力*を実現

*消臭洗浄力とは消臭と皮脂汚れ洗浄の総合力のこと。

一粒で、雑菌臭もこれまでのP&G液体洗剤の2倍消臭**

2倍ってすごい(;’A ’)**平均洗濯物量(2.6kg)時、P&G液体洗剤の2倍量分消臭防臭。

「キレート剤HEDP分子」という汚れ落ちを助ける分子を、1つのジェルボールにたくさん入れることができ、そこから洗浄力がアップ

液体洗剤だと1回分に含まれるキレート剤HEDP分子の量にバラつきが出てしまうのが難点だった↓

※青いU字の物体がキレート剤HEDP分子

※平均洗濯物量(2.6㎏ or 49L)洗濯時(P&G調査)

海外ではすでにヒット商品に?

2001年に発売したイギリスでは、すでに市場の20%を獲得。2012年に投入したアメリカでも、1年後シェアが約8%に拡大

じつはすでに海外25カ国で発売中のジェルボール型洗剤。

今回発売されるジェルボールは、日本の洗濯環境に合わせて、のべ100人以上の技術者、5,500人以上の消費者の協力を得て、5年かけて開発されたもの

海外は温水かつ長時間洗っている洗濯機が一般的なので、同じフィルムでは日本では通用せず、開発まで時間がかかったとか。

すでに日経トレンディの「次に流行るもの・欲しくなるもの50」では5位にランクイン

日本でも期待値は高い。

3日間使ってみての感想は…部屋干しの洗濯物も良い香りで満足。かつ、ぷにぷに感がたまらない。

試しに予洗いなしで洗濯をしてみたら、真っ白に洗い上がったのでビックリ。これまでは洗剤と一緒に漂白剤を入れて、ようやく汚れが落ちていたのに。

すごく便利。洗濯前の手間が省けてパパッと洗濯できるし除菌消臭のパワーもしっかりしているのですっきり洗える!

今までのような地味ーな計量から解放されるってうれしい。ほんのちょっとのことですが主婦にとっては大きなこと。とってもありがたいです。

1