1. まとめトップ

コンテンツマーケティングを成功させるための本質的なノウハウまとめ

まとめ主なりの「コンテンツマーケティング」をしっかりと成功させるための、地に足の付いたノウハウをまとめています。色々な考え方があると思いますが、コンテンツを制作する際の参考になれば幸いです。

更新日: 2017年05月22日

web-playerさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 4680 view
お気に入り追加

「コンテンツマーケティング」という言葉がブームになっていますが、まとめ主なりの「コンテンツマーケティング」をしっかりと成功させるための考え方をまとめています。
色々な考え方があると思いますが、コンテンツを制作する際の参考になれば幸いです。

コンテンツマーケティングをしっかり進めたい方にオススメの記事

コンテンツを使ってリードナーチャリングをおこなう

コンテンツマーケティングでは、最初から強いセールスを行いません。
どんな商品も、ターゲットに購入してもらうためには、まず、その商品価値を“自発的”に感じてもらうことがベストだからです。

広告の押し売りで、衝動的に商品を買わすのと、ターゲットが自発的に商品を購入したのとでは、雲泥の差があります。

ターゲットが賢くなり、自身の冷静な判断で商品を購入したのであれば、商品内容はある程度熟知しているはずですから、こちらのサポートコストは大きく減ります。
また、その時点でのターゲット(顧客)は、すでに商品のファンですので、クチコミもしてくれやすいでしょう。

そのように、商品の価値を十二分に理解している顧客のことを、私は「スーパー顧客」と呼んでいます。

ユーザーに何かを気付かせたい場合に用いられるのは「広告」が多いでしょう。
ただ、広告の場合、売り手が一方的に伝えたいメッセージが多くなりやすいため、ユーザーから拒否反応を示されるケースが多々あります。(※勿論、広告の作り方にもよります)

そこでオススメしたいのが、「コンテンツ」をクッションとする戦略です。

コンテンツマーケティングはSEOをベースにするとイメージしやすい。

オススメしたいのが、SEOを意識することです。

検索エンジンを使うユーザーの多くは、「悩みを解決したい」ために自発的な検索行動をとっています。
自発的に行動しているわけですから、自分のメリットとなるコンテンツ取得に関しては前向きなはずです。
だから、コンテンツの価値が伝わりやすいのです。

また、SEOのメリットは、予算をかけなくても継続的に上位表示できること。
何度も露出できれば、ユーザーとの接触機会も増えます。

コンテンツの設計はどうする?

コンテンツ設計で重要なポイント 5つ

1、ターゲットを意識する
2、露出経路を意識する
3、高いクオリティのコンテンツをつくる
4、ブラッシュアップ可能な状態にしておく
5、見込み客の育成(リードナーチャリング)を意識する

ネタ系コンテンツを提供する際には、下記のようなリスクがつきまといます。

1、その企業・製品・サービスのブランドを長期的に汚すリスク
2、見込み客の育成につながらないリスク
3、既存客の「客離れ」につながるリスク

言われてみれば、分かることですが、ネタ系コンテンツは、見せ方次第でその企業の「品」を損ねるリスクがあります。
ネタ系コンテンツを導入する際は、慎重に導入する必要があります。
下記の事例を見れば分かりますが、ネタ系コンテンツだけがクチコミされるわけではありません。

コンテンツを成功させるための要因

●「内容」に関する3つの要因
1、商品購入・サービス契約に至る“気付き”を与えられる
2、困った時につい見てしまう&使ってしまう、“ユーティリティ(機能)”を持っている
3、3年後もシェアしてもらえる、色褪せない内容である

●「演出」に関する3つの要因
1、難しいノウハウを“分かりやすく”解説している
2、その企業・商品ブランドの「品」を守っている
3、そのコンテンツを納品したお客様が、他社に自慢したくなる

●「露出・拡散」に関する3つの要因
1、検索流入(SEO)を意識している
2、ソーシャルメディアでの拡散を意識している
3、コアなファンがつきやすい内容である

●「調整・拡張」に関する3つの要因
1、いつでも修正・変更できるようにしている
2、コンテンツを追加しやすくしている
3、“横展開しやすい”内容にしている(電子書籍化、動画化など)

コンテンツマーケティングの参考事例

コンテンツマーケティングとは「面白いコンテンツ」をつくることではなく、分かりにくいコンテンツを、そのコンテンツを欲するユーザーに、「分かりやすく」届けるための演出力でもあります。
演出の参考となるコンテンツを幾つか紹介します。

迷いそうな時は何度も見よう。ネットで話題となった本質的な記事

動画ならではのコンテンツも

1 2

関連まとめ





web-playerさん

北白川が大好きなWEB屋です。