白く丸い満月が地球の影(本影)に入り月が欠け始めるのは(部分食の開始)20時48分ごろです。東の空に昇った月が、左下から少しずつ欠けていきます。

その後、暗い部分が次第に広がっていき、約1時間後の21時51分に月全体が地球の影に入って皆既食の状態となります。この皆既状態は23時8分までの1時間17分続き、その間に皆既月食の見どころである「赤銅色の満月」を楽しむことができます。

23時8分に皆既食が終了すると、月は左下から明るさを取り戻していきます。そして日付が変わって24時12分(2月1日の0時12分)、部分食も終了し、再び白く丸い満月が南の空に輝くようになります。

出典【特集】2018年1月31日 皆既月食 - アストロアーツ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

2018年1月31日は皆既月食でスーパーブルーブラッドムーン【画像と解説】

1月31日の宵から深夜にかけて皆既月食が起こり、全国で全過程を見ることができます。日本で皆既月食が見られるのは2015年4月以来、約3年ぶりです。非常に珍しい3つの現象が1月31日に同時に起こる。滅多にない現象なので31日の夜は是非とも空を見上げてほしい。

このまとめを見る