31日は以下の3つの現象が重なる。

・満月が最も大きくなる「スーパームーン」

・ひと月で二度、満月になる「ブルームーン」

・月食の際、月が赤銅色を帯びる「ブラッドムーン」

要するに赤い月が大迫力の大きさで見えるという話だ。観測のピークは22時半で方角は東~南。NASAは通常の月よりも14%明るく観測できると予想している。

出典1月31日は3つの現象が重なる「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が見える日 | netgeek

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

2018年1月31日は皆既月食でスーパーブルーブラッドムーン【画像と解説】

1月31日の宵から深夜にかけて皆既月食が起こり、全国で全過程を見ることができます。日本で皆既月食が見られるのは2015年4月以来、約3年ぶりです。非常に珍しい3つの現象が1月31日に同時に起こる。滅多にない現象なので31日の夜は是非とも空を見上げてほしい。

このまとめを見る