1. まとめトップ

ストレスを感じる方に、ストレスに負けないためのコツを教える本!

凹まない人なんていない。打たれ強さはスキルで身につく!

仕事への期待や責任感からくるプレッシャー、ぎくしゃくした人間関係からくるストレスなど、
仕事をしている人なら誰しもが経験をすることでしょう。
しかし、誰もが少なからず何らかのストレスを抱えながら生きているように思える一方、
ほとんどストレスがあることを感じさせない、「打たれ強い」と言われる人がいます。
彼らはどういうタイプの人なのでしょうか?
なぜ、打たれ強くなったのでしょうか?
その秘訣を、この本では述べていきます。

どんな状況でも、にこやかに接し、打たれ強く生きる男。

普段は、人材研修をメインに事業を展開している。

このような方ではあるが、果たして、どのような本であろうか?

1社目の大尊敬する先輩が、本日おススメするので、
本屋さんに行き、購入。
先輩にはいらないだろうと思う本ですが、私には必要です。

打たれづ良い人は、3つあり、鈍感な人、自信がある人、切り替え上手な人の3つのパターンにわけられ、鈍感であることは、日常のコミュニケーションに支障をきたすことも可能性として高いので、自信をつけつつ、切り替え上手になることが大切。仕事で発生する色々な問題に対して、どう感情を切り替えるか、切り替え上手になり、色々こなし自信がつけば、打たれ強くなる、そのためのポイント集。

~(略)~

通勤時間にも読みやすい、小さな区切りの単位で話が書かれているので、気になった方はいかがでしょうか。

(粋)

この本は一読して終わるのではなく、折に触れ読みなおすべき一冊だと思う。

自分は上手く行かなないとプルーな気持ちを引っ張ってしまうことが多いので、「引きづらない人は知っている」というタイトルに惹かれ購入した。本書はいかに意識を「切り変え」そして「自信を積み重ねるか」、具体的な方法を29のポイントにまとめている。どのポイントも著者自らの経験から体得したエッセンスが入っているので、実に説得力がある。

(粋)

このような本であるが、どこで取り扱っているのだろうか?

NAVERまとめ運用者

1





このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう