1. まとめトップ
  2. カラダ

勝負デートの前日は避けるべき!体臭を強くする危険な4つの食べ物

ニオイの不安を感じたこと、ありませんか?体臭が臭うのは、汗だけではなく食べた物によっても体臭が出てしまうため、食べ物にも注意が必要!デートの前日や大事な日には、なるべく抑えたい!できれば食べない方がいい食べ物をチェックしてみました。

更新日: 2015年09月20日

456 お気に入り 226770 view
お気に入り追加

嫌な臭いを発生させる原因は何処から?

自分の体臭って自分では気づかないものだと言われていますが、自分が臭いと感じるということは人にも臭っているいるんでしょうか。

体臭や口臭の原因は、皮膚に分泌された皮脂が細菌と混ざり合い、空気に触れて酸化することや、口の中に繁殖した細菌によってガスが発生することと考えられています。

最近では、効果の高い制汗スプレーや汗ふき用シートなどの対策グッズも多く、頼もしい限りではありますが、 体臭の根本的な解決法とは言えません。

体臭は、体質による原因ももちろんあります。しかし実は、普段の食生活が大きく関わっているといわれているんです。

体臭を強くする食べ物をまとめてみました。人と会う前や大事な予定がある時は、下記の食べ物を控えましょう。

消化する時に亜硫酸ガスを発し、血液に溶け込むため、肺や毛穴からニオイを放ちます。

言わずとしれたデートNG食材ですね。美味しい食事に欠かせないことは承知でも、デートの後にロマンティックな雰囲気になる可能性があれば、避けたほうが無難であることは間違いないでしょう。

ニンニクやたまねぎ、カレーなどのスパイスや香辛料類は、消化する時に亜硫酸ガスを発し、血液に溶け込むため、肺や毛穴からニオイを放ちます。

残念ながら体臭の原因になるんです。にんにくには、「アリシン」という成分が含まれています。アリシンは、抗菌作用やカビを防ぐ作用がありますが、実はこのアリシンが匂いの元となっているのです。

飲み会好きの方は、体臭の原因がアルコール…と聞いて、ちょっとショックを受けてしまうかもしれません。

アルコールを摂取しすぎると、身体の中でアセトアルデヒドの濃度が高まり汗と一緒に排出されてしまい、結果体臭となってしまうのです。

アルコールが代謝される過程で作られるアセトアルデヒドが、血液中に増えると、 肺や皮膚から排出されるため、口臭や体臭の原因になります。

分解できなかったアルコール成分はお酒特有の体臭を発します。私も夏はビールが欠かせないのでちょっと気をつけないといけません。

出典http://気になるお役立ちニュース.jp/taisyuu-akka-yobo-1022

ステーキ、焼肉、牛丼などは脂質が多い為、これらをよく食べる人は体臭がきつくなる傾向があります。霜降り肉やロースなどの脂身の多い部分を食べるときには、食べる量には十分注意したいものです。

動物性のタンパク質や脂質を必要以上に摂取することで、余計な皮脂の分泌が増えてしまい、体臭を発生させる原因になるのです。

赤身のお肉は消化しにくく、残骸が腸に残ります。これが腐敗して汗が臭うようになります。

出典http://気になるお役立ちニュース.jp/taisyuu-akka-yobo-1022

ステーキは美味しいのですが、赤身肉を食べた後は体臭が強くなり、相手にとって魅力的に映らなくなるという調査結果があるようです。これもデートでは避けたほうが無難だと言えましょう。

ジャンクフードやファストフード、カップ麺などは、食品添加物が多く消化しにくいため、体臭の原因になります。

フライドポテトや唐揚げ、コロッケなど油で揚げた食べ物は、なるべく揚げたてを食べること。時間が経つと酸化が進み、体内でニオイの原因にもなる活性酸素を発生させてしまいます。

あくまでも、食べすぎると体臭の原因となるということを忘れないでくださいね。

結局どんな料理がいいの?

野菜や穀物を多く使う料理といえば日本食。
いろんな野菜をバランスよく摂ることが、体臭を軽減する近道のようです。

野菜中心の食生活にシフトしましょう。
臭いの元となる食品を出来るだけ摂らず、食物繊維が豊富な食事で便通を良くして臭いの元を排出することが大切です。

1





みどりの芝さん

役立つまとめを一番に考えて行きますので、宜しくお願いいたします

このまとめに参加する