1. まとめトップ

※例文付き!※アルバイトの志望動機に書いてあるとうれしいこと5つ!【答えます】

4月、新しいことをはじめたい季節ですね。はじめてアルバイトの面接にいくときにどうしても悩んでしまう志望動機。アルバイトの面接経験からこんなことで採用側に喜んでもらえた!という志望動機をご紹介します^^

更新日: 2014年04月15日

46 お気に入り 70918 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

perroperocatさん

採用側が喜ぶ5つの志望動機!

①「家から近いから働きたい!」

これは雇う側からしたらとてもありがたいメリット!交通費がかからないだけでなく、歩いてこれる距離や自転車で通える距離にすんでいるひとなら、公共交通機関の遅れなどが発生しにくく、また台風や雪の影響で遅刻の心配が減る、またはどうしてもこれない人が出てしまった場合のピンチヒッターなどとしても大変有難がれる存在です。
また育った地域に近いのであれば、たとえばコンビニや薬局など地域に密着した仕事はお客様などから道に関する質問をされても答えやすいし、実は近くに住んでいて土地勘のある人は有難い存在なのです。

例文:「土地勘もある、育ったこの地域でアルバイトをしたいと思い志望いたしました」「家から近く通いやすいので、このお店でアルバイトをしたいと思い応募いたしました」

②「学校から近いから働きたい!」

定期圏内で通えることをアピールすれば、雇う側は交通費を節約できるので、ポイントが高いです。また学校の近くにあるお店は、学生さんに利用してもらおうといろいろな情報を求めているので、雇ってもらいやすいです。または友達の連鎖でバイトを紹介してもらうことができるなど、雇う側からするとメリットが大きいです。

例文:「学校帰りにアルバイトをできるところを探しており、志望いたしました」「自宅からは少し距離がありますが、学校から近い場所で働きたいと思い応募致しました」

③「時給が高いから働きたい!」

何かほしいものがある、お金を貯めたい!、生活にいくら必要など具体的にお金に関する希望があり、そのためにたくさん働きたいという人は実は大歓迎です。
職種にはあまり興味がないけど時給が高いから、とにかくお金がほしいからというストレートな理由はどうかと思う人がいるかもしれませんが、雇う側からすれば、
たくさんバイトに入ってくれる働く意欲のある人の方がうれしいものです。短期間ですぐに仕事を教えられるので即戦力になってくれるし。
せっかく雇ったのに全然バイトのシフト希望を出してくれない人などは、教育するのにも時間がかかるのであまり気が進みません。具体的に週〇日は、勤務したいと希望を伝えるのもいいと思います。

例文:「一人暮らしで毎月生活費が必要なので、時給の高いところで働きたいと思い志望いたしました」「将来のために貯金をしたいので(留学資金を貯めたいので、などでも)、時給の高いところで働きたいと思い、応募いたしました」

④「お店(お店の商品)が好きだから働きたい!」

これはよくある理由ですが、やはりうれしいもの。利用したことがない、お店には実際行ったことがなかったりしたら、かならず一度はお店に行ってみましょう。そのときの雰囲気がよかった、接客がよかった、などの理由も立派な志望動機です。

例文:「昔からよくこの店を利用しており、自分も働いてみたいなと思ったので応募いたしました。」「お店のことは知らなかったのですが、求人情報をみてから一度お店を利用したところ、雰囲気がよく、またお店のスタッフの方がとても素敵で、ここで働いてみたいと思い応募致しました」

⑤「将来の夢の勉強のために働きたい!」

自分にはこんな夢があり、それに近い職場(職種)を勉強するために働きたい!
やはり雇う側からすればうれしい言葉です、〇〇の仕事に就いている人を尊敬しているし、将来その職種に就きたいので少しでも勉強して置きたい、というアピールをしましょう。

例文:「現在、学校で〇〇を選考しており、将来の夢に向けて少しでも関連のある場所で働きたいと思い志望いたしました」「将来自分でお店を持ちたいと考えており、少しでも近くで学びたいと思い、応募いたしました」

いかがでしたか?参考になればうれしいです。ご覧になったみなさまが希望のアルバイト先で働けますように☆

1