1. まとめトップ

タイルを貼るだけで、イヤな生活臭とおさらば!?

「調湿」「ニオイ吸着」「VOC吸着」など嫌な臭いを軽減してくれる『エコカラット』をご紹介します。

更新日: 2016年07月21日

24 お気に入り 21321 view
お気に入り追加

イヤな臭いを軽減できる「エコカラット」とは・・・?

「エコカラット」は、粘土鉱物などの微細な孔を持つ原料を焼成した内装壁材です。

エコカラットの微細な孔は、湿気を吸ったり吐いたりするのに適した大きさに設計されていて、室内の湿度が高くなるとこの孔が湿気を吸収して湿度を下げ、逆に湿度が低くなると湿気を放出して潤いを与えます。

夏場のジメジメや冬場のカラカラも、この吸放湿機能によって、自然に調節できるわけです。

臭いのほかに湿気なども軽減してくれる建材。

エコカラット 3つのチカラ

▼ 調湿力

季節によってはもちろん、1日のなかでも天候や気温によって変化する部屋の湿度。エコカラットは、室内の湿度が高くなると湿気を吸収し、湿度が低くなると湿気を放出する調湿機能を備えています。雨の日のジメジメや窓の結露を抑制するだけでなく、過乾燥を抑え、肌やノドにやさしい室内環境をつくります。

■ 吸収できる湿気の量

エコカラット16㎡
200㏄ 24本【約4.8リットル】

カビやダニが繁殖しやすいのは、湿度80%以上のジメジメした高湿度な環境。エコカラットは、珪藻土の4〜5倍もの優れた吸放湿力で、室内が高湿度になると湿気を吸って湿度を抑えるため、カビやダニの繁殖を抑制することが期待できます。

■ 実験:「カビの生え方実験」をお餅で行いました。

エコカラットがある場合とない場合では、お餅のカビの増殖に差がでました。

▼ VOC吸着力

エコカラットは、空気中の有害物質VOC(揮発性有機化合物)を吸着し低減。

建材や家具などから揮発するホルムアルデヒドなどの有害物質は、粘膜刺激性が強く、喘息やアトピーなどの症状を悪化させるとも言われています。

厚生労働省ガイドラインの2〜3倍の濃度のホルムアルデヒドガスが、1日でガイドラインをはるかに下まわりました。

▼ ニオイ吸着力

ペットの排便の臭いやトイレのアンモニア臭、生ゴミの腐敗臭など、住まいのなかには気になる生活臭がいっぱい。エコカラットは、悪臭の原因物質(アンモニアや硫化水素、トリメチルアミン、メチルメルカプタン)を吸着し、お部屋の空気をさわやかに保ちます。

■ 実験:ペットのいる部屋で脱臭効果を測ってみました。

エコカラットなしの場合、臭いが強かったのに対し、エコカラットがある場合は臭いが半分以下に。

1 2 3





缶ティッシュさん

このまとめに参加する