1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

tokai-girl.vさん

上質な物を追求したファッションブランド

「ドゥロワー」の名は、“引き出しの上段に上質な物を入れた”という英国の古き良き慣習に由来する。

表層的な流行にとらわれず、歴史や伝統に裏打ちされた本質的な価値を追い求めること。

齢を重ねるごとに魅力を増す大人の女性、すなわち品格を大切にする人たちにふさわしいワードローブを作ること。

最新のクリエイションでありながらも、女性たちがいつまでも宝物のように愛し続けたいと思えるエモーショナルな服。

青山店 / AOYAMA

1F 5-12-4, Minami-Aoyama, Minato-ku, Tokyo
Phone 03-5464-0226
Open 12:00-20:00

時代の流れに逆らうブランドの1つである

Forever21 や H&M 、ユニクロに代表されるファストファッションは

パリコレなどの最新のデザインを参考に、ファッションの流行を追求し、
誰もが流行りのファッションを楽しめるように手頃なプライス設定となっている。

ファストファッションが一般的となった現代では
上質で洗練された商品を追求するブランドは
時代の流れに逆らっていると見えるであろう。

つねに新しさが求められるファッションの世界で、刹那的ともいえる高揚感と普遍性を共存させようとする試みは難しいが、よりエレガントによりデリケートに服作りに取り組むことによって、「ドゥロワー」はつねに新しい女性像と独自の世界観を追求してきた。

1つの作品に対する情熱は計り知れない

そのクリエイションは、生地の製作から始まり、アイテムによって紳士服の伝統的な仕立て技術を応用したマスキュリンなテーラリング、女性らしさを演出する立体感を重視したパターンといった具合にイメージに即した方法で作られていく。もちろん、生地やデザインだけでなく、縫製も同様にその仕上がりのイメージに応じて方法が選択される。

創業時、「ドゥロワー」がコラボレーションの相手として、最初に白羽の矢を立てたのが、「シャルベ」だ。世界初のオーダーメイドシャツの専門店として、1838年にパリのアーケード街、リシュリー通りで開業。現在、ヴァンドーム広場に居を構える同店は、世界の要人・著名人が顧客リストに名を連ねるフランス屈指の名店として知られている。

Drawerが描く理想の女性像とは

まず洋服を選ぶときに男性や他人の目を意識したり、難しいことを考えずに、気分にフィットするものを、自分の意志で選んで欲しいなって思うんです。

好きな洋服を自分のセンスで選んでいくと、ワードローブって自然にその人に馴染んでいく。

着飾らなくても、自然と気品のようなものが身に付いていくと思うんです。

例えば、リンダ・マッカートニー。

リンダ・マッカートニー

生まれ持った育ちの良さや品に加えて、着こなしも自然体。月並みな言い方ですけど、凛とした強さを持った女性に憧れます。

ショップには白い花を飾る

しっかりとした強い茎を持ち、同時に華やかさも併せ持つ白い花に、理想の女性像を重ね合わせているのかもしれませんね。

ささやかなおもてなしではありますが、洋服だけでなく、ショップの空間も含めて、高揚感やエレガンスをプレゼントできたらと考えています。

メンズ作品についても一部展開

Drawer既存オリジナルでも特に人気継続品番のなかから厳選して、メンズサイズを用意していただきました。

1 2