1. まとめトップ

アルパカが毛刈りされる切ない理由

動物園などでよく見られる毛刈りされたアルパカ、カワイイからという理由ではなく生きるために仕方なく刈られているらしいです…

更新日: 2014年04月16日

0 お気に入り 2764 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

future389729さん

【理由1】日本の気候にまったく適していない

故郷の平均気温は7~10度

放牧場所はアンデス山脈の4000m~4500m地帯。
日本だと常に冬で暮らしていることになる。

毛の保温性がよすぎて熱を体外に出すことができない

毛の中が空洞になっていて暖かい空気をたっぷり閉じ込めて逃さない仕様

アンデス山脈で生息するための寒さへの適応力が、
日本では仇となっているらしい…

毛の伸びが非情に早く放っておく延々と伸びる

2年間くらい放置すると地面につくほどに…

【理由2】毛のために品種改良されていた

日本ではモコモコの可愛さが人気のアルパカだが、
元々は毛を利用する目的で品種改良された家畜。

【理由3】アート価値

アートパカと呼ばれ持ち味を競う大会もある。

■関連リンク

1