明治から大正にかけて、白に青のタイルが主に上流階級の間で流行した。このタイルは後に青色を引き立たせる茶色が足された

エンボスタイルが流行。これは淡路島の珉平焼にルーツを持ち、色使いが似ている。西洋に類を見ないほど凹凸に富む。高低差のため、凹部の色が濃く、凸部の色が薄い

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

大正覚え書き

大正まとめ

このまとめを見る