人から視た主観的・情緒的な視線で自分の周囲の生活の中から拾い上げた素朴なエピソードを脚色したり膨らませた味わい深い作風で、「北の賢治、南の南吉」と呼ばれ好対照をなしている。

出典新美南吉 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

皇室でも読まれている深~い絵本。『でんでんむしのかなしみ』ってどんな絵本?

苦しいときに読むと、救われたような気がする絵本。こどもに何度でも読んであげたくなる一冊でもあり、大人も考えさせられる作品です。悲しみがあるからこそ人は喜びに触れることができるのだ、そう気づかせてくれる一冊ではないでしょうか。

このまとめを見る