1. まとめトップ

イタリアンの本領 アンティパスト(ワインのつまみ)

パスタ以外で手軽にイタリア料理を楽しむならアンティパスト(ワインのつまみ)ですね。立派にセコンドで通用する料理だって、ちょい盛りしてアンティパストで出すこともしばしば。肉料理、魚介料理、野菜料理を問わず、ワインのつまみにもってこいの一皿を集めています。

更新日: 2017年11月19日

48 お気に入り 369997 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

abebe0119さん

クセが強いゴルゴンゾーラには相性のいいお友達がたくさん。

北イタリアはピエモンテ州の郷土料理です。

炉端焼きと刺身の両方の美味しさが一度に味わえます。

ずっしり焼き固まった無骨な感じがイタリア風です。

栄養学的にも夏場のタコは理にかなっています。

鍋で蒸し煮にするローマ風や素揚げするユダヤ風が代表的なアーティチョークですが、このサラダは棘が鋭いすっきりとした形の品種スピノーゾの産地サルデーニャ島や北イタリアのリグーリア州に伝わるレシピです。

スズキの旬が夏とされている理由を考察してみると実に面白い。

蒸し暑い梅雨の気候によく合います。

小さいポーションなら盛り付けもちょっと工夫してみます。

薄くカットして、塩、ブラックペッパー、レモン汁、パルメザンチーズ、パセリ、オリーブオイルで味付け。美味です。鹿は、本当に美味しいです。お店のおじさんが子鹿だと言っていた通り、確かに柔らかく、くせのない肉質でした。

水分を加えてふっくら煮含めます。

出典ameblo.jp

トリッパと白いんげん豆 赤タマネギのサラダ!
ビネガーの酸味と一般的にはドルチェに使われるあるリキュールで香り付け(^^)
さわやかに仕上がってます!

しなやかで美しくて女性的な容姿から清流の女王と呼ばれます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9