アニサキス幼虫は直径0.5mm×長さ20mm程度ですが、
魚が生きているうちは魚の腸の中にいますが、
魚が死ぬとやがて自分で腸から肉の方に移動してきます。

従って魚を生きたまま調理したり、逆にうんと古くなって腐りかけたような魚の肉にはアニサキスはいない訳です。

また魚の種類としては、イルカやクジラの好物は危ないと憶えておけば良いでしょう(オコゼやヒラメにはアニサキスはいません)。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

イクラには実は恐ろしい寄生虫が潜んでいるという事実!! イクラ好きな方は必見です!!

メジャーな海産物としても人気のイクラですが、実は・・恐ろしい寄生虫が潜んでいると言う事実を御存じでしょうか?新鮮な生の筋子なら、ほぼ寄生虫が居ると言う事も意外と知られていない事の様です。今回は、イクラを棲みかとする寄生虫アニサキスの実態を御紹介します。

このまとめを見る