出典 www.maff.go.jp

農林水産省もアニサキスについて警鐘

日本では、魚介類を寿司や刺身で食べる習慣があるため、アニサキス症の発生が多いといわれています。国立感染症研究所の推計では、日本において年間約7,300件アニサキスによる食中毒が発生しているとされています。
アニサキスは、クジラやイルカなどの消化管に寄生して卵を産み、その卵がオキアミなどの体内で幼虫になって、海産魚やイカに食べられ、内臓や筋肉中に幼虫(2~3cm)として寄生します。それを人が食べると感染し、胃壁や腸壁に侵入します。

この情報が含まれているまとめはこちら

イクラには実は恐ろしい寄生虫が潜んでいるという事実!! イクラ好きな方は必見です!!

メジャーな海産物としても人気のイクラですが、実は・・恐ろしい寄生虫が潜んでいると言う事実を御存じでしょうか?新鮮な生の筋子なら、ほぼ寄生虫が居ると言う事も意外と知られていない事の様です。今回は、イクラを棲みかとする寄生虫アニサキスの実態を御紹介します。

このまとめを見る