1. まとめトップ

留学情報 語学学校選び・留学費用を安くする方法 <留学したい人への情報>

アメリカ、イギリス、カナダやオーストラリアなどの英語圏の国に留学したい人はこうすれば出来るだけ費用を安く抑えられる!

更新日: 2014年05月07日

ゆーべさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
32 お気に入り 4334 view
お気に入り追加

どこを安くできる!?

長期留学と短期留学によって重視することに若干の違いはあるが、共通して費用を削れるポイントは同じだと言える。
長期留学の場合は特に効果があるが、もちろん短期留学の人でも安くなる方法なので、参考になるでしょう。

エージェントは重要

留学エージェントとは?

留学エージェントでは、留学全般についてのアドバイスや、実際の留学手続きの代行、現地でのサポートなど、留学に関わるさまざまなサービスを提供している。時間的余裕のない人や、言葉に自信のない人にとっては、心強い存在だ。ただ、留学エージェントの提供するサービスの多くは有料。留学エージェントを利用する場合、サービスの内容や料金についてよく確認しておこう。

エージェント料のかかるエージェント会社は航空券の手配までしてくれるけど、それって必要?

自分で出来るところは自分でやって安くしよう!

留学をしたいなら、留学エージェントを通さないと、学校は受け入れてくれないが、エージェントを通すと費用はかさんでしまう。留学エージェントはサポートが充実しているので、エージェントがいればとても楽に留学の準備が出来るというメリットがある。
自分でやってもいいから安く抑えたいという人は、Mitsubaという留学エージェントがおすすめです。Mitsubaはメールや電話でサポートしてくれる留学エージェントですが、無料でサポートしてくれるのです。Mitsubaに対してすることは、留学後に通った語学学校の感想を書くだけでいいんです。これは留学前の学校選びにはとても参考になるでしょう。
留学の準備を自分で行うといっても、手順や必要事項などは細かく教えてくれるので、特に難しい作業ではありません。

学校の月謝

これは当たり前なことだが、かなりの割合を占める費用である。ただ、月謝だけを比較して学校選びをしてしまうのは本末転倒です。自分の目的に沿った学校を選ぶことが重要です。

海外の大学進学を希望する人は大手の語学学校や大学付属の語学学校がおすすめ!

しかし、大手の語学学校は大手だけあって教育システムや先生の質が優れているため月謝は高めになっています。大手なので日本人も集まりやすく、クラスの半数が日本人となってしまうこともしばしば。
大手の語学学校で行われる月に1度のテストの成績は、大学や短期大学への推薦として使えるくらいの価値がある!これは大学進学を目指している人にとってはかなり重要といえるでしょう。

大手の語学学校の特徴

スピーキングを上達させたい人は1クラスが少人数制の語学学校を選べ!

少人数制であれば、1人が話す時間を長く設けてくれるので、英会話を目的とするなら少人数制が適している。
語学学校によって1クラスの人数制限は公表しているため、学校選びの時には気にした方がいいだろう。

語学学校選びの次は?

ホームステイか語学学校と提携している寮か

語学学校が決まったら宿泊先を決める。これが留学費用に大きく影響してきます。
料金の差として、「ホームステイ>語学学校が提携している寮」となっています。ホームステイの場合は朝食と夕食がついているというメリットはありますが、交通費が発生する可能性もあります。
一方で語学学校が提携している寮は、寮といってもプライベートルームがあるのでホテルと同じような感じです。共有キッチンなどがあり、周りは同じ語学学校の生徒達なので、交流するしやすいです。
もちろん、プライベートルームではなく2人部屋を選べばもっと安く抑えることは出来ます。
デメリットとしては、ルームメイトとのトラブルや、夜などは生徒が一斉にネットを使うためWi-Fi環境に優れていない可能性が高いといった感じです。

以上の点を気にしながら自分で語学学校を選べば安く抑えられる!!

1





ゆーべさん