1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

湿気が多くなる前にニオイも汚れもすっきり!枕や枕カバーの正しいお手入れ方法

枕や枕カバーを正しくお手入れや洗濯していますか?きちんとしたお手入れがされていないと臭いやしみ、肌荒れ、カビや菌の多発などいいことが全然ありません。湿気が多くなる前にきちんとしたお手入れ方法を研究しましょう。枕カバーが洗ってもなんだか臭いがする等の解決方法や臭いの原因、枕の素材別お手入れ方法を紹介

更新日: 2016年12月09日

aqua38さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
476 お気に入り 104536 view
お気に入り追加

ん?枕が汚いぞ…

なーーーーんか3か月に一回くらいものもらいになるなあ最近・・・  枕汚いのかな・・・?

▼枕からオヤジ臭が…枕が臭くなる原因

枕の臭いは、頭から首周辺から出る汗や、汗と一緒に分泌される皮脂に含まれる物質が主な原因。頭は「皮脂分泌の多い部分ベスト5」に入ります。

臭いは、皮脂そのものでなく、皮脂に含まれる脂肪酸(オレイン酸の一種)が空気中の酸素や皮膚表面の常在菌などにより分解されることで発生しますが、皮脂の分解物は年齢を重ねるごとにバランスが変わり、30歳代前後には「ペラルゴン酸(ノナン酸)」という物質がこの世代特有の体臭となり、40歳代前後からは「ノネナール」という物質がいわゆる「加齢臭」になって、枕の臭いをパワーアップさせてしまいます。

シミの色が濃いのはこの皮脂の多い人。つまりやっぱり、オトナの男性の枕は汚れがち。だから、お手入れをきちんとしてあげる必要がある

▼枕や枕カバーが汚いとこんな怖いことに…

汗や皮脂、髪の毛、そしてダニなど、お手入れをしていない不衛生な枕にはさまざまな汚れが潜んでいるのです。
このようなお手入れをおこたっている枕には、約1000匹ほどのチリダニがいると言われています。
特に、羽根枕やそばがらなど、天然の素材につきやすいと言われていますが、定期的にお手入れをすることでダニの発生を抑えることは可能です。

人は寝ている時にコップ1杯の汗をかくと言われ、湿気の多い布団にはダニが繁殖しやすいのです。湿気に強く、熱に弱いのがダニの特性です

枕は毎日使うものです。カラダとくに顔には多くに触れているものです。でも意外と知られていないことに、枕は洗濯しないとバイ菌だらけだということです

いつも清潔にしておかなければ、毛穴に汚れが詰まり、ニキビの原因にもなります。

▼”洗ったのに臭い”を回避する枕カバーの洗濯方法

毎日交換するのが理想的ですが、少なくとも1週間に1度は交換しましょう。清潔なタオルを巻いて、それを毎日交換するという方法もおすすめ

洗う前に洗濯方法をチェックして家庭で洗えることを確認しましょう。素材に合わない選択方法は色落ちや縮みの原因になります

おすすめの洗濯方法としては、浸け置き洗いをすること。それも、洗剤液だけでなく、漂白剤も併用して浸け置きます
【やり方】
1.「ぬるま湯」と「洗剤」を使って洗いおけに洗剤液を作る(分量は各洗剤の表記に従う)
2.「酸素系漂白剤」を枕カバーの特に気になる部分に直接かけて揉みこむ
3.洗剤液に浸け置きます。
4.浸け置き時間は30分から2時間。あとは洗剤液ごと洗濯機へ入れて、他の洗濯ものと一緒に洗います

▼枕の素材別お手入れの方法

枕カバーは洗濯すればOK!しかし枕自体にニオイがついていることが多いかと思います。ニオイ物質は枕カバーを通り枕に移動します。

洗う頻度を年に1回程度にすること。洗いすぎると枕が硬くなったりするおそれがあるとのこと。また、羽毛枕は洗うことで羽毛が持つ天然油分が取れてしまう可能性があるそうですので、くれぐれもお気をつけください

化学繊維のポリエステルわたは、羽根枕などの天然素材と比べるとダニなどがつきにくい

中空繊維を使用しているポリエステルわたの素材で、水洗い可能なものは、1ヶ月に1度くらいの周期でお洗濯しましょう。 その際、洗濯機洗いが可能なものでも、ドラム式洗濯機の場合は特に手洗いでの洗濯の方が枕が傷みにくいです。 水洗い不可の枕の場合は、1ヶ月に1度の目安で日干しすると良い

1.枕カバーをはずして中袋を取り出す
2.おしゃれ着用中性洗剤を入れて、手で押し洗いをし、すすいだ後、約3分脱水機にかける
3.風通しのよい場所で吊るして自然乾燥(羽根の場合は乾燥するまでに目安3日前後かかる)
4.枕カバーをして終了

干す際は、軽く枕を叩いてホコリを落とすか、または掃除機でホコリを吸い取ります。
なお、お洗濯の際は十分に乾燥させた状態で使うようにしましょう。湿気を含んだ状態ですと、カビの原因になります。

1 2





aqua38さん

お気に入り登録してくださった方ありがとうございます
女性向け、ライフハック、美容、子育て、雑学、暮らしのアイデア、DIY、100均アレンジ等役立つ情報をまとめています