1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

もう叱られても大丈夫!レジリエンス(逆境力・耐久力)を上げる方法

レジリエンス(逆境力・耐久力)が低いと、ささいな逆風でも苦しむことになります。失敗したり、上司に叱られて深く・長く落ち込むタイプの人は、このチカラが弱いのかもしれません。

更新日: 2014年07月02日

136 お気に入り 25157 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

randoseruさん

▼ 思考の 「 柔軟性 」 を持つようにする

そういうものに打ち負けないで、しなやかにこなしていく

場合によっては完璧に物事を成すことを諦めても良いと考えていく

精神的に強くないといけないのですが、環境に合わせられる 「 ソフトな部分 」 も持ち合わせないと 「 ポキッ 」 と折れてしまいます

行き過ぎた 「 秩序思考 」、「 完全主義 」 はやめること・・・

「 完全主義 」とは、完璧さを求めすぎる傾向、また、「 秩序志向 」とは規則にこだわり、変化に対応しにくい傾向を意味しております

▼ 「 自尊感情・自己肯定感 」 を持つようにする

自分が役に立たない、何もできないとしか思えない時、役に立つという選択肢を失い自律の柱が折れてしまった状態となります。すると、水平だった平面は傾いてしまい不安定な存在になってしまいます

▼ これまでより 「 楽観的 」 に物ごとを考える

楽観的な人々は、悲観的な人たちよりストレスを上手に扱っている

嫌なものよりも先に、楽しいものに自然と目が向くような楽天的な人はストレスの扱いが上手というのは驚くようなことではないのかも

ポジティブな面を見い出すことのできる人が、打たれ強い・・・

つらかった事だけではなくて例えばご家族の手助けだとか、そこでご自分が工夫された事だとかそういうプラスの部分を見てらっしゃる

つまり、きびしい状況でもネガティブな面だけではなくポジティブな面を見いだす事ができる人が、逆境を乗り越える事ができるのです

▼ 自分を強く信じ 「 自己効力感 」 を高くたもつ

「 自分ならきっとできる! 」 と自己暗示をかける

自分が成長前進していると感じる事ができる、自己効力感

1 2