1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

TheFukujinさん

東京電力の明細書には当月と翌月分の燃料費調整(1kWh当たり)と前月と今月の電気の使用量が記載されています。
 東京電力には時間帯や曜日によって単価の違う料金プランがあります。例えば、「半日お得プラン」口座振替割引50円(税抜き)を受けたり、クレジットカード払いにしてポイントをためたりすることも重要です。
 家庭で使用する電気代の約7割は、「エアコン」「冷蔵庫」「照明器具」「テレビ」の4つで占めています。エアコン、冷蔵庫、テレビは10年前の家電と比べて最新の製品は省エネ性能が優れているため、買い替えをするのも手です。照明器具は白熱電球から蛍光ランプやLED電球に徐々に交換していきましょう。
 光熱費の節約は家族との協力が重要になります。数字で具体的に説明をすることが大切です。 HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)を導入し、パソコンやタブレットなどで電気代を可視化できる仕組みを取り入れるのも手です。手計算をする場合は、1kWh(1キロワットアワー)当たり25円程度で計算をするとよいでしょう。

1