デカルトは、学園を離れるとともに書斎で読まれるような「書物」を捨てた。そして、猶予のない決断を迫る「世間という大きな書物」の中に飛び込んでいくことを決意する。(略)1619年10月、精神力のすべてをかけてこれから自分自身の生きる道を見つけようとウルム市近郊の村の炉部屋にこもる。

出典フリー百科事典「ウィキペディア」、ルネ・デカルトのページから引用

この伝記的記述でも感じられるような、書物という情報を超えた、どんな国を遍歴しても変わらない、「自分」というものを見つめることがデカルト哲学の中心イメージです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

《大学入学共通テスト倫理》のためのルネ・デカルト

センター試験の倫理科目のために哲学者を一人ずつ簡単にまとめています。ルネ・デカルト(1596~1650)。キーワード:「方法的懐疑」「私は考える、ゆえに私はある(コギト・エルゴ・スム)」「近代的自我」「心身二元論(物心二元論)」「合理論」主著『方法序説』『省察』

このまとめを見る