1. まとめトップ

スタジオぴえろ 魔法少女シリーズのアニメをまとめました。代表作、クリィミーマミ、ペルシャなど

アニメーションスタジオ「株式会社スタジオぴえろ」の歴代魔法少女アニメ一覧をまとめました。80年代から90年代にかけてテレビで放送された魔女っ子作品を紹介しています。代表作:魔法の天使クリィミーマミ、魔法の妖精ペルシャ、魔法のスターマジカルエミ、パステルユーミ、ジファンシーララ。

更新日: 2014年04月22日

16 お気に入り 23612 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mog-waiさん

※アニメスタジオのスタジオぴえろは魔法少女シリーズの他におそ松くん、うる星やつら、きまぐれオレンジ☆ロード、幽☆遊☆白書などのヒット作があります。

ぴえろ魔法少女シリーズ

放送期間:1983年7月1日 - 1984年6月29日
全52話

スタジオピエロの代表作といえばクリィミーマミ!

主人公の森沢優は、とっても元気で幼なじみの俊夫が大好きな10歳の女の子。ある日、夢嵐に巻き込まれた「フェザースターの舟」を偶然助けたお礼に、妖精ピノピノから1年間の期限付きで「願いがかなう魔法」を授けられる。魔法の呪文で素敵な女性に変身した彼女は、偶然出会った芸能事務所の若社長・立花慎吾から熱烈なスカウトを受け、アイドル歌手・クリィミーマミとしてデビューすることになった。一方、大好きな俊夫はアイドルのマミに夢中で、優のことは子ども扱い…。正体を明かせない優の、1年間の二重生活が始まった!

デリケートに好きして
作詞・作曲 - 古田喜昭 / 編曲 - 大村雅朗 / 歌 - 太田貴子

パジャマのままで(前期・最終回)
作詞・作曲 - 古田喜昭 / 編曲 - 大村雅朗 / 歌 - 太田貴子

LOVEさりげなく(後期)
作詞 - 三浦徳子 / 作曲 - 小田裕一郎 / 編曲 - 西村昌敏 / 歌 - 太田貴子

アフリカ育ちの野性味あふれる11歳の女の子・速水ペルシャは、日本への帰国途中、旅客機ごと妖精の国「ラブリードリーム」に迷い込んでしまう。そこで彼女は、妖精から魔法のバトンを託され、妖精の国を救うために必要な愛のエネルギーを集めるよう頼まれるのだった。魔法によって、あらゆる職種のキャリアガールに変身できるようになったペルシャは、人々から愛のエネルギーを導き出すべく、持ち前のバイタリティとお節介焼きを発揮。失敗を繰り返しながらも、さまざまな出会いを積み重ねていく。

「見知らぬ国のトリッパー」(1話~31話)
作詞 - 佐藤純子 / 作曲・編曲 - 馬飼野康二 / 唄 - 岡本舞子

「おしゃれめさるな」(32話~48話)
作詞 - 秋元康 / 作曲 - 古田喜昭 / 編曲 - 馬飼野康二 / 唄 - MIMA

「ラブリードリーム」(1話~31話)
作詞 - 佐藤純子 / 作曲・編曲 - 馬飼野康二 / 唄 - 岡本舞子

「だいすきシンバ」(32話~48話)
作詞 - 佐藤純子 / 作曲・編曲 - 馬飼野康二 / 唄 - 冨永みーな

放送期間:1985年6月7日 - 1986年2月28日、全38話

伝説の女流マジシャン、エミリー・ハウエルに憧れる11歳の女の子・香月舞は、ある日、弟の岬とともに不思議な光の玉に遭遇する。それは、祖母の中森春子からもらった古い飾り鏡に宿っていた鏡の妖精トポであった。遊び友達がほしいトポからどんな願いもかなう魔法のブレスレットをプレゼントされた舞は、天才マジシャン・マジカルエミへと変身。祖母・春子が主宰する新進魔術劇団「マジカラット」のメンバーとして、次々と華麗なイリュージョンを披露し、人々を魅了していく。

オープニングテーマ - 「不思議色ハピネス」
作詞 - 竜真知子 / 作曲・編曲 - 山川恵津子 / 唄 - 小幡洋子

エンディングテーマ - 「あなただけ Dreaming」
作詞 - 竜真知子 / 作曲・編曲 - 山川恵津子 / 唄 - 小幡洋子

放送期間:1986年3月7日 - 8月29日、全25話

花園ユーミは絵を描くことが何よりの楽しみという9歳の女の子。フラワータウンのひとり娘である彼女は、ある日花を大切にしてくれた感謝の印にと、花の妖精・かき丸とケシ丸から魔法のステッキを授けられる。そのステッキで描いた絵は、どんなものでも実物として飛び出すのだ。喜び勇んでステッキを振るうユーミだが、その効力にはタイムリミットが設けられていた。それでも、この不思議なステッキを手にしたことで、彼女の日常はスリルと冒険に満ち溢れた素敵な時間へと変わっていく。

オープニングテーマ - 「金のリボンでRockして」
作詞 - 麻生圭子 / 作曲・編曲 - 山川恵津子 / 歌 - 志賀真理子

「フリージアの少年」
2曲ともに、作詞 - 麻生圭子 / 作曲・編曲 - 山川恵津子 / 歌 - 志賀真理子

放送期間:1998年4月5日 - 9月27日、全26話

ちょっと引っ込み思案で漫画と空想が大好きな9歳の女の子・篠原みほは、ある日、不思議さんから恐竜のぬいぐるみをもらった。ぬいぐるみの正体は、この世界に迷い込んだ妖精・ピグとモグ。もとの世界に帰るまでみほの部屋に居候することになった2匹は、お礼として魔法のペンとスケッチブックを出してくれる。「少しだけ大人になる魔法」を手に入れて、みほはファンシーララに変身。原宿でスカウトされたララは、歌に芝居に大活躍していく。

エンディングテーマ - 「しあわせな き・ぶ・ん」
作詞・作曲 - 松浦有希 / 編曲 - カラードマーケット / 歌 - 大森玲子

おまけ

1