1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

日清【トムヤムクンヌードル】想定外の売れ過ぎ?品薄商法?発売10日で異例の販売停止

今月14日に販売された日清のトムヤムクンヌードル。なんと発売からわずか10日で異例の販売停止。予定外の需要に供給が全く追いつかず、一旦生産を停止する、ということのようですが・・・世間からは品薄商法ではないのかという声も上がっています。

更新日: 2014年04月23日

17 お気に入り 15040 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

silverbeetさん

発売からわずか10日で販売停止

日清食品は22日、今月14日に発売したカップ麺「トムヤムクンヌードル」の販売を一時停止すると発表した。販売が同社の予想の2倍程度に上り、生産が追いつかなくなったという。

日清の公式コメント                          「十分な供給体制を確保した上で、早期に再開したい」

日清食品株式会社は、2014年4月14日に発売した「カップヌードル トムヤムクンヌードル」につきまして、当初の販売計画を大幅に上回り、十分な供給量を確保できない状況となったため、当該商品の販売を一時休止 (当社出荷停止) させていただくこととなりました。

今後は十分な供給体制を確立した上で、できるだけ早い機会に販売を再開できるよう、鋭意努力してまいる所存です。

本格派、こだわりの味

トムヤムクンヌードルは、タイの現地法人と協力し、魚介類のスープにココナツミルクを加えるなど本場の味わいを再現。

タイ現地法人の協力の元で開発された経緯(中略)
タイでの味覚についてのトレンド情報、レシピの提供、原料仕込み時の技術指導、試作品の味に対する評価・指導・提案など多岐にわたっている。

画像はイメージです

この味を作り出すためには多くの苦労があったそうだ。トムヤムクンの酸味や爽やかな香りを出すには、レモングラスやライムリーフなどのフレッシュな香草類が必要だが日本での入手は困難。それらはタイで加工してから日本に持ち込み、日本で完成商品として生産する。

お味は賛否両論のようです。やはり日本人には馴染みのないスパイスがたくさん使われていることで、好き嫌いはハッキリ分かれるようですね。

世界三大スープ、トムヤムクンとは

「トム (ต้ม)」は煮る、「ヤム (ยำ)」は混ぜる、「クン (กุ้ง)」はエビのこと。

エビ入りトムヤムスープという意味であり、他にも鶏肉やイカ等、他の食材入りのトムヤムスープもある。鶏ならトムヤムガイ、イカならトムヤムプラームックとなる。

レモングラスを使った酸味のある味が特徴。

販売停止に対する反応

そんなあ〜〜〜〜!。・゜・(ノД`)・゜・。はやくカムバック〜!悲願!!【悲報】日清食品『カップヌードル トムヤムクンヌードル』一時販売休止に blog.esuteru.com/archives/76457…

<日清食品>トムヤムクンヌードル、売れ過ぎで販売一時停止(毎日新聞) - Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140422-… 当分食べれそうにないから、備蓄やな。

<日清食品>トムヤムクンヌードル、売れ過ぎで販売一時停止(毎日新聞) - Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140422-… やべー!!!!買い置き買っとかないと!!!!

こんな厳しい声も

トムヤンクンヌードル 売れ過ぎ販売停止って、これいわゆるハングリーマーケティングー品薄商法ってやつ。過去にはオールフリー、その前はプレミアム・モルツ。。賢い消費者は騙されちゃダメだよね。 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140422-…

「カップヌードル トムヤムクンヌードル」が人気すぎて販売停止に #asciijp ascii.jp/elem/000/000/8… @asciijpeditorsさんから ◆品薄商法としか思い浮かばない。想像力不足か

@N_B_C_ トムヤムクン、昨日も食ったw会社でこれ、そろそろ品薄戦略きそうだな〜って話してたんだよ。

ちゃっかりトムヤムクンのカップラーメン売れ過ぎ商法に引っかかってる先輩

日清「トムヤムクンヌードル」、売れすぎで販売を一時休止 - LINE NEWS いつも思うが休止する理由がわからない news.line.me/issue/gourmet/…

無いと言われると余計に食べたくなる\(^o^)/<日清食品>トムヤムクンヌードル、売れ過ぎで販売一時停止(毎日新聞) - Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140422-…

品薄商法とは

「品薄商法」 とは、メーカーや企業などが生産・出荷・販売する製品の数を意図的に少なくして売り切れなどを故意に発生させ、消費者に対し品薄のムードを作って人気があるように見せかけ演出したり、製品に対する希少性を煽って消費者に欲しいと思わせるような心理的誘導を行う商法のこと

1