1. まとめトップ

【業界初】大和ハウスの最新技術 !住み心地を疑似体験できる施設とは?

住み心地を疑似体験できる施設「TRY家Lab(トライエラボ)」とは??

更新日: 2014年04月24日

3 お気に入り 6265 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

住み心地を疑似体験できる施設「TRY家Lab(トライエラボ)」

大和ハウス工業は22日、コンピューターによる3D映像で新築住宅の間取りや設備を再現し、住み心地を疑似体験できる施設「TRY家Lab(トライエラボ)」をオープンすると発表した。

住んでいる地域で将来発生するかもしれない地震の体験が出来る他、注目は見ると完成した家の疑似体験できる専用のレンズで、業界で初めて導入。

一般公開は4月26日から!

東京本社の敷地にある住宅設備の
展示施設を改装、26日から公開する。【予約制】

疑似体験って何がすごいの??

施設のスタジオにゴーグル型のディスプレーを用意した。来場者の位置を探知するセンサーを設置し、動いた位置に応じて3D映像が変化。実際の家の中を歩いているような感覚が味わえる。

専用のゴーグルを装着して疑似体験できるみたいです

実際の家の中を歩いているような感覚が味わえる。映像には家具やテレビを配置し、壁紙の色や間取りを簡単に変えることができる。季節や時間による日差しの変化も再現する。

バーチャル技術で、設計図ではわかりにくい部屋の広さや内装の色を体験することができる。

1