強迫性障害では、自分でもつまらないことだとわかっていても、そのことが頭から離れない、わかっていながら何度も同じ確認をくりかえしてしまうことで、日常生活にも影響が出てきます。意志に反して頭に浮かんでしまって払いのけられない考えを強迫観念、ある行為をしないでいられないことを強迫行為といいます。たとえば、不潔に思えて過剰に手を洗う、戸締りなどを何度も確認せずにはいられないといったことがあります。

出典強迫性障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

鍵かけたっけ?火止めたっけ?・・・心配性?脅迫性障害?

出かけてから「鍵をかけたか」「火を消したか」、何度も確認したはずなのに気になって仕方がないという経験ありませんか?ただの心配性?それとも病気?また対処法などもまとめてみました。

このまとめを見る