1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

土佐犬に女性が襲われ死亡…飼い犬からリードを放す重大さとは

北海道で散歩中の女性が土佐犬2匹に襲われ水死してしまいました。これは飼い主の男性がリードを放した事によって起こってしまいました。飼い犬のリードを放すことはどれだけ危険か認識しましょう。

更新日: 2014年04月24日

44 お気に入り 283875 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

worldwideさん

散歩中の女性が2匹の土佐犬に襲われ水死してしまった

北海道白老町竹浦の海岸で2月26日、動物にかまれた痕のある女性の遺体が見つかった

近くに住む橋場トミ子さん(当時59)が波打ち際に倒れた状態で死亡しているのが見つかりました。死因は溺死でしたが体に犬にかまれたような痕があった

警察は飼い主を逮捕

道警は23日、放した土佐犬が襲って死亡させたとして、重過失致死の疑いで、飼い主で同町の無職、佐治清容疑者(65)を逮捕した

周囲を十分確認せずに大型の土佐犬2頭をつなぐ綱を放した結果、犬に襲われた同町の主婦、橋場トミ子さんを転倒させ、海で水死させた疑い

26日午後1時ごろ、佐治容疑者が倒れている橋場さんを見つけ、近くの駐在所に届け出たが、すでに死亡していた

リードを放した事が事件のきっかけとなってしまった

付近の住民が同じ頃、海岸で土佐犬を放していた佐治容疑者を目撃しており、同署が事情を聞いたところ、「綱を離したところ、犬が波打ち際に走っていき、しばらくすると悲鳴が聞こえた。あわてて駆けつけると、女性が波打ち際に倒れていて犬が襲っていた」と説明したという

・もしかしたら助かったかも…襲われた女性を放置して帰宅した容疑者

女性が襲われてから約3時間後の2月26日午後1時ごろ、佐治容疑者は「海岸に女性が倒れている」と近くの駐在所に届け出たが、自分の犬が襲ったことは隠した

犬を放した後、女性の悲鳴が聞こえたので駆け付けたが、女性を助けずに自宅へ犬を連れて帰ったと説明している

公園等で犬のリードを放している人を見かけませんか?

昔住んでた近所の公園に大型犬リードなしで遊ばせてる親父がおって、カウさんに飛びかかってきてかなり焦ったっけ。

またパピヨンがノーリードで放置…。 公園に遊びに来ている近隣の保育所職員さんが飼い主さんに『ちゃんと繋いで下さい』と遠慮がちに伝えるも、手でシッシッと追い払うような仕草をして…。 失礼極まりない(怒)

横アリの裏でゴールデンレトリバーをノーリードで散歩させてるおっさんがいたなあ。「うちの犬は大丈夫」ってほざいてたけど、そんなこと言う飼い主の飼い犬なんて信用できません。

飼い犬のリードを放すということはまず条例違反

動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)でも「動物が人の生命、身体もしくは財産に危害を与え、または人に迷惑を及ぼすことがないように努めなければならない」と規定しています

東京都動物の保護及び管理に関する条例では、リードでつながずに散歩させただけで拘留または科料が科せられます

・しかし、条例によっては例外もあり、自己責任に委ねられている部分も大きい。これが問題

東京都動物の保護及び管理に関する条例には、係留の例外として「その他逸走又は人の生命、身体及び財産に対する侵害のおそれのない場合で、規則で定めるとき。〔9条1項(二)〕」を上げている

他の県の条例は「人畜に危害を加えるおそれのない」犬は例外だと規定している

つまり、おとなしい愛犬を公園で訓練したり、調教したり、運動させることは禁止されてない

一律禁止されていないので、事実上取り締まられていない現状がある

また、条例違反でも科料というかなり軽い処分になる

1 2