1. まとめトップ
  2. カラダ

後悔だけが残るのに、つい「やけ食い」をしてしまうワケ

色々なことが思うように進まなかったり、友達や恋人とケンカしたり、仕事が失敗したりすると、もうどうでも良くなって「食べちゃえー!」ってなることもありますよね。人はなぜ、やけ食いをしてしまうのでしょうか?その原因をまとめてみました^^

更新日: 2014年04月26日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
425 お気に入り 161653 view
お気に入り追加

やけ食いだっ!

昨日からやけ食いがとまらん、、、お願いやからストレス溜まった時くらい食欲なくなって

お菓子やけ食いしちゃった〜自己嫌悪〜あ〜なんにもうまくいかない〜消えたい消えたい消えたい消えたい消えたい消えたい

「もう、やけ食いしちゃえ!」誰でも経験ありますよね。

色々なことが思うように進まなかったり、友達や恋人とケンカしたり、仕事が失敗したりすると、もうどうでも良くなって「食べちゃえー!」ってなることもありますよね。

ヤケ食いで食べたくなるものといえば“甘いもの”

でも、結局は、罪悪感で後悔したり、太ったりと散々・・・。

胃がもたれたり、「やせたいのに食べてしまった」という罪悪感がわいてきたりして、さらにイライラが募ってしまうことも。

後から「食べ過ぎてしまった」などと後悔をしてしまうこともある

胃腸の調子が悪くなったり、体重が増えた現実を知り「あーあ、食べなきゃ良かった・・・」なんてことも。

習慣になると体重増加や肥満、生活習慣病などの原因になる

どうして「やけ食い」したくなるのだろう?その原因は?

▼①脳が食べることを「幸せ」として覚えている。

おいしい物を食べてると、人は自然と笑顔になります。
そんな時、脳の中では、セロトニンやドーパミンと呼ばれる「幸せ物質」が分泌されているんだそう。

脳は、幸せを感じるためにできるだけすぐに手に入る快楽にとびつくようにできています。

たらふく食べたときのあの幸福感、満足感、安心感を何度も経験したことがあるでしょう。あの瞬間、脳内は幸せー満足ーと、気持ちいいホルモンが出てウットリと安心する

脳は「美味しい物を食べる=幸せ物質が増える」という図式を覚えてしまいます。とくに甘味と脂味は、脳の報酬系と呼ばれる部分を刺激して依存度を高める

▼②褒められたい・・・!と思う気持ちから起こってしまう。

人は「誰かに認められたい、褒められたい」って気持ちがありますよね。
その欲求が満たされないことで、食べてしまうことも・・・。

失敗しちゃった、悲しい・・・誰かに甘えたい・・・認められたい・・・こんなふうに感じると、無意識にヤケ食いしてしまう。

社会的な欲求が満たされないと、脳は「欲求不満」に。脳は、食べることで報酬系を刺激し幸せ物質を分泌させようとする

▼③血糖値が乱れることにより、さらに食べてしまう

血糖値が急上昇すると、血糖値を下げようとインシュリンが大量に分泌され、血糖値が下がり過ぎてしまいます。すると、今度は低血糖状態になり食べざるを得ない……という悪循環に陥ってしまう

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう