1. まとめトップ

まじかよ!怖すぎる!実際に起きた恐怖の怪事件や都市伝説が元になった映画

真実はわかりませんが実際におこった奇妙な事件、怪事件、未解決事件、都市伝説的な事件を題材に製作された映画をまとめてみました。都市伝説・UMA・UFO・心霊現象など不思議で不可解で怖いかもしれない映画まとめ(閲覧注意!?)

更新日: 2015年07月06日

aurora7610さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
41 お気に入り 425301 view
お気に入り追加

真実はどうかわからないが、世界各地で起きた怪事件、怪奇現象を題材にした映画。

火のないところに煙はたたない。

怪事件、怪奇現象の真実がそのまま映画に投影されている可能性は少ないが、一つの見解として、または現実の日常の裏にある非日常への入り口として鑑賞してみてはいかがだろうか?

まぁ、録画するんだ 都市伝説… 怖いけど信じないでおくフフ

今日は安眠できそう!(最近2ちゃんの怖い話まとめを読んだり、未解決事件まとめを読んだりしてたら夜中に動悸が激しくなるという怪現象が起きていたのだった!)

それはどうかな・・・・・

名優リチャードギアが主演。呪いか?UMAか?モスマン事件を題材。 「プロフェシー」

謎の怪現象に連続して見舞われた男がそれらに意味があることを突き止めてゆくミステリー作品。 アメリカで実際に目撃されたモスマンを題材にしているが、制作に関わった関係者の謎の死が相次いで発生した。またモスマンに関わった事例なども次々事故などが相次いでいるため、「モスマンの呪い」と言われている。

謎が多いモスマン。

宇宙人やUMA説とともに多いのがインディオの呪い説。

モスマンの出現は、不吉の象徴となった。

「モスマンの呪い」が怖すぎる。

1967年12月15日、ポイント・プレザントとオハイオ州の間にかかるシルバーブリッジでモスマンが目撃された。同日、シルバーブリッジは大規模な崩落事故を起こし、46人もの犠牲者を出す大惨事となった。この日以来、モスマンの目撃は途絶えているが、モスマンを取材していた地元紙の女性記者・メアリー・イール(Mary Hyre)は1970年2月に変死。

モスマンは大きな災害の前後に現れるといわれ、近年ではワールド・トレード・センターのテロ直後に撮影された写真に不思議な「物体」が写り込み、話題となりました。

フランスで虐殺を繰り返した、謎の怪物ジェヴォーダンのベート  「ジェヴォーダンの獣」

2001年のフランス映画。

豪華な俳優陣で話題に

ミステリーやモンスターパニックではなく、後半からは怒濤のアクション映画に。

舞台は1764年のフランス。ジェヴォーダン地方に出没し、女・子供ばかり100人以上の犠牲者をだしている謎の獣の正体を突き止めるべく、フランス国王ルイ15世は、王室博物学者のグレゴワール・ド・フロンサックを派遣する。フロンサックは新大陸で出会い義兄弟の契りを交わしたモホーク族のマニを連れ、ジェヴォーダン地方に赴く。獣に恐怖する住人、手をこまねくだけの貴族たち。2人はジェヴォーダンの獣の正体を突き止められるのだろうか。

オオカミに似ているとはいっても、その大きさは牛ほどもあったといわれ、非常に大柄なものでした。体毛は赤茶色、背に縞模様があり、非常に長い尾を持っているのが特徴です。
一説によると、ベートによる犠牲者は99人、狼男さながら、銀の弾丸を撃ち込まれ最期を遂げたといわれています。

虐殺のかぎりを繰り返した謎のオオカミ系の生物

おおむね襲われるのは女や子供で、家畜の番をしている時に『獣』に襲われる。無論、その多くは食い殺され、生還しなかった。

当時のフランスは恐怖のどん底に陥ったのは間違いないだろう。

第二次大戦中の米軍の秘密実験、都市伝説界では有名な話。   「フェイラデルフィアエクスペリメント」

第二次世界大戦中の1943年、フィラデルフィア港でアメリカ海軍によるある極秘実験が行われようとしていた。“フィラデルフィア計画”と呼ばれるその実験は、敵のレーダーから消え、味方の船を探知されないようにするというものであった。
その実行役となった水兵のデイヴィッドとジムが実験機械のスイッチを入れた途端、実験の舞台である駆逐艦エルドリッジはレーダーのみならず、実際に海上からも姿を消してしまった。艦はしばらくして再び出現したが、艦内では乗組員が大火傷を負ったり、艦の壁や甲板に身体がめりこんだりしており、デイヴィッドとジムは姿を消してしまっていた。
その頃、デイヴィッドとジムは、時空間をトリップして1984年のネバダ州の砂漠にタイムスリップしていた。2人は行きずりで出会ったアリソンと共に逃避行に出る。

強力な電磁波の力場が駆逐艦エルドリッジを包んだ。やがて、船の姿はぼやけだし、その場から完全に消えた。
実験の成功に沸く観測船とは裏腹に、エルドリッジ艦内は叫びと悲鳴に満たされていた。
身体は唐突に燃え上がり、精神は錯乱をきたす。霧のように空気に溶けた者もいれば、船体に身体が飲み込まれた者もいた。
フィラデルフィア実験、それは公表されなかった極秘プロジェクト。

一体何がおこったというのだろうか

X-ファイルだけの専売特許ではない!?エリア51が出てくる映画

エリア51とは、米ネバダ州にあるアメリカ空軍の管理地区。この地の周辺では古くから頻繁に未確認飛行物体(UFO)が目撃されており、それに加えて立ち入り禁止で撮影禁止、厳重な警備体制が敷かれていることから、「UFOの発着所」や「宇宙人がいる」、「米軍と宇宙人が共同研究を行っている」などの噂が絶えない場所である。

対エイリアン映画の大ヒット作。この映画でエリア51での研究はアメリカ大統領にも秘密であった。
映画後半からは被災者の受け入れ先と人類の抵抗の前線基地となった。

1 2 3 4 5





aurora7610さん

気になった話題やテーマを赴くままにまとめています。