1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

レタープレス機/活版印刷機の種類

日本国内(活版印刷)海外(レタープレス)を作成する印刷機の種類

ローラー式(版画式)

上記タイプは印刷屋さんが使うタイプ、まれに「テフート」を趣味で持っている方もおられるようです。

おうちで始める活版印刷/レタープレスの種類

L Letter Press Platform

L Letter Press Platform

基本はこのセット(L Letter Press Platform)が必要となり、
これをいくつか種類のある「ダイカットマシーン」で刷ることになります。

L Letter Press Platform を使えるダイカットマシーンの種類

L Letter Press Platform が使えるダイカットマシーン

The Epic 6

これまで一番多く使われているタイプ

bigshot 

色やバージョンでいくつか種類があります

Evolution

最近の主流はこちらになります

ダイカットマシーンと L Letter Press Platform でレタープレス/活版印刷

L Letter Press Platformでセットしダイカットマシーンを使いレタープレス/活版印刷の動画

googleロゴを名刺カードサイズで作成例動画(2015/01/24追加記事)

レタープレス版の種類

このような図柄のプレートが何種類も販売されています。

インクの種類

レタープレス/活版印刷で使うインクの種類

通常は「油性」で粘度の高いインクを使います

Lifestyle Craft

レタープレスインク

油性以外にも海外レタープレスで主流となっている樹脂ベースインクの【ラバーベースインク】ニオイもなく、環境にもやさしいタイプ れたぷれ!ink

その他に

後片付けが楽な「水性」インクでは、「版画絵の具」も可能

番外編 名刺サイズ,カードサイズの小型活版印刷機/[ミニ]レタープレスコンボキット

ダイカットマシーンとL Letter Press Platform を小さくしてまとめたセット
[ミニ]レタープレスコンボキット

1 2