1. まとめトップ

飲み会後の酒酔いを早く覚ます方法【楽になる対処法】

お酒の酔いを醒ます方法、二日酔い解消法、予防法、豆知識です。

更新日: 2017年07月26日

156 お気に入り 2559270 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

WildKnightさん

そもそも酔いとは何なのか?「酔い」は二つに分類される。

①. エチルアルコールの作用による酒酔い。
 飲酒によってエチルアルコールを摂取すると、摂取した量に応じ脳の麻痺(抑制)が起こり、酒酔いとなる。

②. アセトアルデヒドの作用による酒酔い。
 体内でアルコールを分解する際に生成されるアセトアルデヒドは有毒物質である。血中に蓄積されると心拍数の増加、嘔吐、皮膚の紅潮などの状態が引き起こされ、酔った状態となる。
アセトアルデヒドによる酔いは、前者の酒酔いとは別の症状であり「アセトアルデヒド脱水素酵素の活性型」により、この症状が表れる人間と表れない人間が存在する。
また、アセトアルデヒドは二日酔いの原因物質である。

アルコールの吸収と分解の仕組み

・アルコールの吸収
アルコールは胃で20%、腸で80%が吸収され血液に入り、肝臓に送られます。

・アルコールの分解
血管に入ったアルコールはすぐに肝臓に運ばれ分解が始まります。
血液は約1分で全身をめぐり、そのうち約1/4が肝臓で処理されます。
この時アルコールも一緒に肝臓に運ばれ、 アルコール脱水素酵素(ADH)の働きでアセトアルデヒドに分解され、 さらにアセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きで酢酸に分解され、 酢酸はアセチルCoA合成酵素の働きなどを経て水と二酸化炭素に分解されます。

酔いが楽になる対処法三つ!

【対処法1】チョコなどの糖分を摂取する。

出典mery.jp

糖分はアルコールを分解するエネルギーになるそう!
実はお酒を飲んだとき、アルコールを肝臓で分解するのに糖分を必要とします。
飲み物ならばオレンジジュースなどが良いですね。

お酒を飲めば体内の糖分がどんどん消耗されて血糖値、つまり血液中の糖分の割合が下がります。
つまみなどで糖分をとれているはずなのですが、それでも追いつかずに血糖値は下がり続けます。
血糖値が下がると、脳は空腹の指令を出し続けます。
そのため、飲み終わった後に、最後の締めとしてラーメンが食べたくなるというわけです。

【対処法2】アルコールの排出の為に良い飲み物を摂取する。

②-1スポーツドリンク

スポーツドリンクは水分を通常の水よりも素早く吸収できることから、 頭痛、だるさ、吐き気、食欲不振などの原因となる脱水症状の二日酔いや、 頭痛、だるさ、筋肉痛などの原因となる低血糖症の二日酔いに効果を発揮します。
ただ、お酒と一緒に飲むというのは絶対にやめて下さい。アルコールがより早く吸収されてしまって危険です。

②-2 オレンジジュース

オレンジ100%果汁のジュースや水などをラットに与え、それぞれにアルコールを投与して、一定時間後に血中のアルコール濃度を測って比較したところ、水を与えたラットと比べてオレンジジュースのラットは約3割も多くアルコールの分解が進んだとのこと。
実験の結果、オレンジ果汁には飲酒後の血中アルコール濃度を低下させる機能があり、しかも果汁の濃度が高いほど機能が大きいことが明らになっている。

【対処法3】落ち着いて大きく深呼吸をする。

酸素には、アルコールを分解させてくれる働きがあります。
ゆっくりゆったり苦しくない程度に呼吸しましょう!
呼吸により血液の循環をよくします。
息を吸うより最後までしっかり吐くのを意識すると自動的に新鮮な空気が多く吸えます。
意識してみましょう。

酒酔いを早く覚ます対処法三つ!

【対処法1】酔っていてもすぐに寝ない!

すぐ寝てしまうという方は要注意!
寝る事によってアルコールの分解速度が上がると思いきや肝臓や腸の働きも一緒にお休みしてしまうようだ。
酔ってすぐに寝てしまうと明日までお酒が残ってしまう。
水分をちょっとずつ補給しながら酔いが落ち着くのを待ちましょう。

【対処法2】酔いに効くツボを押す!

【対処法3】身体を安定させる指回しを行う。

1.両手をじゃんけんのパーにする。
2.ものをつんつんする時の指先を軽く合わせる。(ふっくらとしたドームの形になる。)
3.1本の指で合わせた指を離してお互いに触れ合わないように回す。

ポイント
・何処にもぶつからないように回すこと。
・ドームの形を保つこと。回していると他の指が伸びてくる人が多い。
・回すのが難しい所ほど効果がある。(未発達なので能力が開発される。)

次からできる、飲み会中に出来る対策

【対処法1】トマトを食べる!

実験動物にトマトの水溶性成分を摂取させ、アルコールを投与した肝臓内の酵素を調査したところ、アルコールおよびアセトアルデヒドを代謝する酵素の活性を高める傾向が見られたそう。
つまり、お酒を飲む最中にトマトを食べれば、酔いが覚める時間が通常より早くなるようだ。

トマトが入ったサラダ、トマトジュース、お酒であるレッド・アイ、ブラッディサム等がいいかもしれませんね。

1 2