1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

「iOS7.11ってまた…。」なぜiOS8前にアプデを繰り返すの?

iPhone端末を持っている人には「また…」という感じの小刻みなアップデート7.11。更新そのものにリスクがあるだけに慎重になってしまいます。更新される理由をまとめてみました。

更新日: 2014年05月13日

40 お気に入り 129046 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

IT次郎さん

■iOS端末3ヶ月連続のアップデート

2014年4月23日より、アップルはiOSのアップデート配布を開始

ついこの間公開されたiOS7.1.1のアップデート。

■これまでの経緯

iOS 7.0.6では、SSL接続時の検証に関する問題修正など、セキュリティアップデート

iOS7.1は3月にリリースされ、ユーザーインターフェース、カレンダー表示の変更とCarPlayのサポートが行われました。

iOS 7.1のアップデート内容には、”指紋認証の機能向上” がうたわれており、実際にその効果を享受しているユーザーも多く存在しています

すでにiOS 7.1を適用したユーザーはバッテリの消費具合をしばらく注意深く観察すること、そして実際に関連した問題が存在した場合は、Apple側の対応を待つといいかもしれない。

待ったユーザーもいるはず。そして今回は?

今回のiOS7.1.1ではバグの修正がメインで、新たな機能の追加はありません。

Appleが公式告知している主な変更点は3つ

1,Touch ID指紋認証機能がさらに向上
2,キーボードの応答に影響を及ぼす問題の修正
3,VoiceOverがオンの状態でBluetoothキーボードを使用しているときに起こる問題を修正

■度重なるアップデートにユーザーは?

iPhoneアプデ通知か。ずっとやってないのでやっとくか

iPhoneのアプデに失敗して復元したので4月に入ってからの燃料が吹っ飛びました

iPhoneのアプデ通知が来てるけど、アプデしたらデータ全部吹っ飛んだとかアプリ全部消えたってツイート多すぎて怖いからスルーしよう。

■なぜ、アプデが続くのか?

脆弱性の中には、ユーザーに気付かれずにiPhoneやiPadで悪意のあるコードを実行できる能力を「ブラックハット(悪意のあるハッカー)」に与えるものが含まれていました。

ハッキングから守るためのもの。

Appleのセキュリティチームで働いていた元社員が、「Appleは深刻な脆弱性を数週間放置している」とApple製品の危険性を訴えています。

アプデの遅れを指摘する声も…。

アップデートの容量は機種によって異なり、iPhone5だと18.8MB、iPhone5cだと18.9MB、iPhone5sだと26.1MBとなっています。

Touch IDがらみの修正は5sだけに必要なので、5sだけ容量が多い

今回の場合は特に5S端末の指紋認証システムの向上のために充てられている。

■iOSの今後

1 2