1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

TheFukujinさん

子供のLINEいじめ、親の対応
1つ目はいつでも相談にのる姿勢を示すこと。2つ目は「自分はスマホやネットについて詳しくないけれど、詳しく知っている人を知っている」と伝えること。知ったかぶりをしても子どもたちにはすぐにばれます。3つ目は暴走しないこと。「危険だ、やめなさい」と言いたいことをいうのではなく、子どもの意見も聞いてあげる姿勢が大切。

2014年3月、東京・下北沢のカフェ。ウェブデザイナーやプログラマーなどデジタル技術に感度の高い30人が集まった。お目当ては米マーベル・テクノロジーが開発した小型コンピューター「Kinoma Create(キノマ・クリエイト)

愛犬家のための「フェイスブック」誕生
 ONE BRANDが始める新SNS「dogg.me(ドッグ・ミー)」は、犬種を指定して同じタイプの犬を飼う仲間を探して情報交換できるサービスだ

「Scene(シーン)」。スマートフォン(スマホ)時代を見据えた写真交換サービスで、写真専用のSNS(交流サイト)で先行する米インスタグラムや米ピンタレストなどにはない“味付け”で勝負をかける。知り合い同士や趣向が似た者同士が大量の写真をしかも超高速に交換しあえる工夫がある。そのうえパソコンに撮りためた過去の写真も簡単に取り出せる。

複数の人の顔を合成してつくる「平均顔」。最近、企業が社員の平均顔を作成して公開したり、写真や画像を取り込んで手軽に平均顔が作れるスマートフォンのアプリが登場
最新デジタル技術とインターネットを駆使し、自分好みの便利な道具を作る「日曜デジタル工作」が流行しつつある。いつどこでも自宅の音楽ライブラリを楽しむ装置、愛猫の様子をカメラで確認して自動で餌をやる装置……。独創的な作品がソーシャルメディアで続々と発表されている。

主に米アップルのスマートフォン(スマホ)「iPhone」(アイフォーン)の金属ケースの加工に使っていた小型機械「ロボドリル」の需要が、他社のスマホ向けにも広がることが寄与する。 売上高は5318億円と18%増える見通し。割安なスマホを手掛けていた新興国のメーカーが、利益率の改善を目指して高級感のあるアルミ製フレームのスマホに進出。こうした動きがファナックの製品の需要増につながる。

1