1. まとめトップ

【冥王レイリー】ONEPIECEのシルバーズ・レイリーについてまとめ【ワンピース】

シャボンディ諸島のコーティング職人。元ロジャー海賊団副船長。 海賊王ロジャーが海に出た時からの相棒であり、その名は誰もが一度は耳にし様々な本に載っているという生きる伝説。異名は「海賊王の右腕」「冥王」。現在はシャボンディ諸島に身を潜め、通称「レイさん」として船のコーティングを請け負っている。

更新日: 2018年08月04日

6 お気に入り 95539 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hcheckinさん

「大海賊時代」を自らの処刑により作り出した海賊ゴール・D・ロジャーの右腕として活躍した大海賊。現在は隠居をして、シャボンディ諸島でコーティング職人をしている。

本名シルバーズ・レイリー
異名冥王、海賊王の右腕

一般的な剣を使った一般的な海賊のスタイルだが、一線を退いた現在でも、素手で100m級の海王類を殴り倒し、剣一本で海軍最高戦力の1人である大将黄猿を足止めする程の技量を持っている。また、覇王色、武装色、見聞色の覇気を会得し、主人公のルフィに覇気の概念と基礎を教えた

淡々と物事を判断することが出来る、サポート役に相応しい性格である。ただ、多少船長の影響もあるのか、長きに渡る航海がそうさせたのか、楽天的な面も見せる。
シャッキー曰く酒と遊びと美女が大好きなジジイらしい

シルバーズ・レイリー(コーティング職人/元ロジャー海賊団副船長)

シャボンディ諸島オークション会場で、 レイリー登場シーン

元ロジャー海賊団副船長シルバーズ・レイリーとは事実婚の夫婦のような間柄であり、大海賊時代到来前から海賊行為を行っていた

1