種別:生理活性アミン →コリン系

性格傾向:おとなしい、内向的。

役割:骨格筋や心筋、内臓筋の筋繊維のアセチルコリンの受容体に働き、収縮を促進する。主に自律神経のうち副交感神経を刺激し、脈拍を遅くし唾液の産生を促す。

過剰時の影響:パーキンソン病と関連があるとされている。

減少時の影響:アルツハイマー病と関連があるとされている。

摂取方法:コリンが前駆体となるので
卵黄、魚卵、レバーなど。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

脳に操られてる!?神経伝達物質と性格

神経伝達物質に関するまとめ。シナプス(神経細胞間)で情報伝達を介在する物質である。シナプス前細胞に神経伝達物質の合成系があり、シナプス後細胞に神経伝達物質の受容体がある

このまとめを見る