種別:ペプチド

性格傾向:突発的、無理をする。

役割:ストレスなどの侵害刺激により産生されて鎮痛、鎮静に働く。鎮痛作用はモルヒネの6.5倍の効果。
GABAニューロンを抑制することにより、中脳腹側被蓋野から出ているA10神経のドーパミン遊離を促進させ、多幸感をもたらす。

過剰時の影響:暴走行為や依存症の原因になりうる。

減少時の影響:活力の低下など。

摂取方法:ペプチドはタンパク質で構成されているので、大豆、牛乳 、チーズ 、卵 、肉類 、魚介など。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

脳に操られてる!?神経伝達物質と性格

神経伝達物質に関するまとめ。シナプス(神経細胞間)で情報伝達を介在する物質である。シナプス前細胞に神経伝達物質の合成系があり、シナプス後細胞に神経伝達物質の受容体がある

このまとめを見る